ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2012年もロータス・ルノーGPに残留することを切望。キミ・ライコネンと一緒にレースをするチャンスを楽しみにしている。

ヴィタリー・ペトロフは、2012年もロータス・ルノーGPと契約を結んでいるが、チームはブルーノ・セナ、ロマン・グロージャンといった異なるオプションを検討しているとされており、ペトロフのマネジメント側も条件次第ではチーム離脱の可能性があることをほのめかしている。

しかし、ヴィタリー・ペロトフ自身は残留を望んでおり、来年はもっとよい仕事ができると自信をみせている。

「チームは大きな構造改革を行っている。チームやドライバーなど大きく変わっているし、彼らは僕たちが一緒にそれが成し遂げられるかを確信したいんだと思う」とヴィタリー・ペトロフはレース・オブ・チャンピオンズの会場で述べた。

「僕としては、今年はそれほどいいシーズンじゃなかったけれど、僕はまだルーキーだ。F1で2年目を終えたばかりなので、今はたくさんのことを学んでいるし、3年目はもっと活躍できると思っている」

「2010年に犯したミスを2011年には冒さなかった。大きく改善できたと思う。2010年はロバート・クビサや上位陣と戦うことが、どれくらい難しいことだったかわかってもらえるはずだ。でも、2011年はかなり向上した。

「僕はやれる。まだいくつかミスはあるけど、F1は簡単なスポーツではない。でも、2012年に僕に何がやれるのか想像できるよね? もう一段階ステップを果たすつもりだし、同じチームでキミと一緒なのはとても楽しいだろう」

「彼には経験があるし、僕はこのチームの一員でいたい。チームが正しい決定をしてくれることを願っているし、待つのはあと数日なのを願っている。このチームが大好きなので同じチームにいれることを願っている」

「みんなとことが好きだし、メカニックやエンジニアたちと働くのも好きだ。家族のように感じてる。彼らは僕にドライブするチャンスを与えてくれた。他のチームに変わりたいとは思わないので、祈りながら答えを待っている」

2011年、ロータス・ルノーGPとヴィタリー・ペトロフは困難なシーズンを過ごしたが、ペトロフは学習する機会を得られたとし、再び経験することはないだろうと考えている。

「何も失ったものはない。2011年シーズンから多くのことを学んだ。僕たちはたくさんの問題を抱えていたので、今後はもうこれほど学ぶことはないだろう」

「マシンで新しいものを開発するためにこのマシンにドライビングを適応させる必要がある。大きなステップだと思っているし、改善の感覚がある。キミと一緒だ。彼はワールドチャンピオンだし、モチベーションがある。それに楽しい男だ」

「数年前の彼のビデオをたくさん観ている。僕たちは国籍面でかなり近いので、来年彼と一緒にいられることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー / ロータス