レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「不公平なチームオーダーについて内部で話をしたい」 / スペイングランプリ 決勝
セルジオ・ペレスは、F1スペインGPでのチームオーナーについてレッドブル・レーシングないで協議したいと考えている。

フェラーリのシャルル・ルクレールがPUトラブルでリタイアした後、セルジオ・ペレスはレースをリードしていたが、異なる戦略を採用しているチームメイトのマックス・フェルスタッペンと戦わないよう告げられた。

最終的にマックス・フェルスタッペンは勝利し、セルジオ・ペレスは2位でチェッカーを受けた。

セルジオ・ペレスは、DRSにトラブルを抱えたマックス・フェルスタッペンが、メルセデスF1のジョージ・ラッセルを抜きあぐねている際、フェルスタッペンを抜いてラッセルを攻撃したいとチームに要求していたが、叶えられなかった。

レース中にマックス・フェルスタッペンを先に行かせるよう2度指示を受けたセルジオ・ペレスは『とても不公平だけど、OK』と答えた。

チェッカーフラッグ後、セルジオ・ペレスは『チームには満足しているけど、後で話をする必要がある』と伝えた。

勝利に値したと思うかと質問されたセルジオ・ペレスは「そう思うね。そう思う。特に、最初にマックスにポジションを与えたときは、後で戻してくれるものだと考えていた。でも、その後、僕たちは戦略を入れ替えた」とコメント。

「彼は3ストップを選んで、僕は2ストップで言った。そのあと、彼の方が良い戦略であることが判明した」

「現時点で僕としては少しイライラしているけど、結局のところ、素晴らしいチームリザルトだ。僕たちは今、コンストラクターズをリードしているので、それにはとても満足している」

「何が起こったのかについて内部で話し合うことがいくつかある。ドラビング中はより大きな全体像についてあまり理解できないからね。それはノーマルなことだ」

「これ以上ないくらいチームには勢いがあるし、素晴らしいチームだ。僕たちは非常に団結しているので、チーム内でいくつかのことを話し合う必要がある。それだけだ」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがシャルル・ルクレールを6ポイントでリードすることになった決定を支持した。

「我々の責任は、2台の車でできるだけ多くのポイントを獲得することだ。もちろん、当時にチェコには完全に見えていいなかったが、今は見えていることは、ミディアムでかなり長いスティントを走らなければならなかったということだ」

「マックスはチームの観点からタイヤのアドバンテージを持っていたので、気温が上下する断続的なDRSでそのリスクを冒しても意味はなかった。だから、それは絶対に正しいことだった」

クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスがチームプレイをしてくれたことに感謝しているとして、次のように付け加えました。

「彼が車を降りたときに彼と話をしたが、ドライバーにとっての問題は、ドライバーにとっての問題は、彼らの前に戦略やレースプランの明確な概要がなければ、リードを手渡すことは常に感情的になるということだと思う」とコメント。

「しかし、彼はチームプレイにかなり徹してくれた。戦略間のペース差が非常に大きかったため、チームの観点からはうまくいかなかったため、彼はそれが同じような戦いではないことを明確に理解したと思う。 意味があって、今日はドライバーを戦わせなかった」

セルジオ・ペレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1スペインGP