セルジオ・ペレス 「新しいF1サーキットには個性が欠けている」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、新しいF1サーキットのファンではないと語り、それらの多くは「個性が欠けている」と考えている。

近年、F1は、マイアミ、サウイアラビア、カタールを含めた多くの新しい会場と長期契約を結んできた。2023年はラスベガスも加わり、有名なストリップがサーキットの一部を構成する会場で土曜日の夜にレースが行われる。

しかし、新しいF1トラックの追加は、現在の会場がスケジュールから外れる危険があることを意味する。

2025年まで続く現在のF1のコンコルド協定では、1シーズンに開催できるレースの上限は24レースに定められている。2022年は、史上最多の23レースが開催される予定となっている。

セルジオ・ペレスは、F1のアメリカでの成長を称賛したが、F1に今後の新しいサーキットに「キャラクター(個性)」が含まれるにするよう呼びかけた。

「まず第一に、F1が他の大陸で非常に成長しているのは素晴らしいことだと思う」とセルジオ・ペレスは語った。

「だから、それはF1にとって、スポーツにとって素晴らしい機会だ。僕たち全員がそれから恩恵を受けるだろうと思う。それは素晴らしいことだ。

「でも、同時に、スポーツの中で歴史を維持することは良いことであり、そういった歴史的なトラックが常に僕たちと一緒にいる必要がある」

「そして、新しい会場に行くときは、実際にトラックに個性があることを確認する必要がある」

「新しいトラックの中には、少し個性が欠けているものがあるように感じた。だから、それは非常に重要だ」

セルジオ・ペレスは、F1とラスベガスの間で結ばれた契約を賞賛し、2つは「素晴らしい組み合わせ」であると信じていると語る。

「F1は少しアメリカ的になりつつあるし、間違いなくメキシコに少し近づいている」とメキシコ出身のセルジオ・ペレスは語った。

「ようやく家で生活できるかもしれない。それは素晴らしいことだ。つまり、米国、すべてのアメリカでスポーツがどのように成長しているかを見るのは素晴らしいことだ」

「ラスベガスはスポーツにとって、そしてファンにとって、車、F1を見る素晴らしい機会になると思る。F1とベガスは素晴らしい組み合わせだと思う。ファンタスティックだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1ラスベガスGP