セルジオ・ペレス 「Q3でのタイヤのアプローチが適切ではなかった」 レッドブル・ホンダ F1サウジアラビアGP 予選
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、F1サウジアラビアGPの予選を5番手で終えた。

「Q1ではトップタイムをマークしたけど、Q3では僕が採ったタイヤのアプローチが適切でなかったと思っている。突然アンダーステアが出て、Q2のタイムに及ばなかったので、少し残念だ」とセルジオ・ペレス。

「今回のタイヤは扱いが難しく、正しい温度域に入れないとバランスが大きく異なるが、それが僕に起こってしまった。また、フィジカル面でも厳しいコースで、身体にもメンタルにも大きなストレスがかかるので、セッションごとに調子を上げていくのは大変だ」

「今日は僕たちチームにとってはいい一日にはならなかったけど、明日戦える余地は十分にある。長いレースになるはずだし、何が起こるか分からない。楽しみにしているし、今日のペースはよかったので、スタートからポジションを上げて序盤で表彰台圏内まで行ければと思う」

「明日のグリッドはクリーンなサイドなので、それがアドバンテージになれば、スタートが大きなチャンスだし、そこからトップまで混戦に持っていければと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP