セルジオ・ペレス、フェルスタッペンに「テキーラ2杯おごりで!」 レッドブル・ホンダ F1トルコGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、F1トルコGPの決勝でルイス・ハミルトンを白熱の攻防で抑えたことで、2位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンに「テキーラ2杯」の貸しを作ったと冗談交じりに語った。

F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンのライバルであるルイス・ハミルトンは、エンジン交換によるペナルティで11番グリッドからスタートしたが、トリッキーなウエットコンディションでも間違いなく最速のマシンであり、すぐに表彰台を狙えるポジションまで順位をあげた。

しかし、セルジオ・ペレスは、ルイス・ハミルトンの進撃を許さず、マックス・フェルスタッペンにピットストップのためのクッションを作った。

ルイス・ハミルトンは、34周目のターン12のブレーキングでセルジオ・ペレスと並びかけるが、ペレスは一歩も退かず、次の3つのコーナーでサイド・バイ・サイドのバトルを展開。ピットエントリーのボラードの外まで押し出されるも、抜き返す力強い走りで順位を守った。

セルジオ・ペレスは、2位のマックス・フェルウタッペンに次ぐ3位で表彰台を獲得したが、ルイス・ハミルトンは残り8周で新品のインターミディエイトタイヤに交換するためにピットインして5位デレースを終えた。

この結果、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンに6ポイントのリードを築いてドライバーズ選手権の首位に返り咲いた。

セルジオ・ペレスは、その報酬をマックス・フェルスタッペンから受け取らなければならないと語る。

「君は僕にテキーラを2~3借りている!」とセルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンに語った。

「メキシコで奢るよ。週末の前がいい? 後がいい?」とのフェルスタッペンの問いに「後がいいね!」とペレスは語った。

セルジオ・ペレスは、インターミディエイトが激しく劣化している最悪なタイミングでルイス・ハミルトンに仕掛けられたが、彼を抑えることが「非常に重要」であることは分かっており、仕事を成し遂げて「生き残った」と語った。

「ルイスが迫ってきたとき、僕はレースの最悪のフェーズにあったと思う。大規模な劣化に見舞われていたし、彼を守るのはかなり大変だった」とセルジオ・ペレスは説明した。

「その時点で、ルイスはトラックで最速のクルマだったと思う。おそらく、僕は最も遅いクルマの一台だったし、本当にタイヤが劣化していた」

「その時点で彼を抑えて、生き残ることが重要だった。僕たちのレースにとって彼を抑えることが非常に重要だった」

「彼はすでに先行していたけど、ターン1に良いショットを放って、なんとか生き残った。ウェットパッチを通過し、クルマがにっちもさっちもいかなくなったけどね。本当に楽しい戦いだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP / マックス・フェルスタッペン