セルジオ・ペレス 「レッドブル・ホンダF1はまったく異なるカテゴリー」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1への移籍は、マシンとチームの運営方法の方法で“まったく異なるカテゴリー”へのステップアップだったと語る。

昨シーズンの終わりにレーシング・ポイントを放出されたセルジオ・ペレスは、F1キャリアの終わりに直面していたが、レッドブル・ホンダF1は自らのタレントプールのドライバーを起用するという方針を変えて、経験豊富なペレスを抜擢することを決定した。

F1グリッドのトップマシンの1台を手に入れたセルジオ・ペレスは、F1アゼルバイジャンGPでの勝利、そして、F1フランスGPでは表彰台を獲得している。

しかし、レッドブル・ホンダF1への移籍はセルジオ・ペレスにとっては単純な航海ではなく、RB16Bに適応するために自分の「哲学」を変更しなければならなかったことを明らかにした。

「僕が以前行っていた方法と比較して、このマシンでラップタイムを絞り出す方法、乱気流の中で戦う方法は、レースを運転する方法は非常に異なる」とペレスは語った。

「さらに、それはタイヤの労わる方法も違い。マシンごとに非常に具体的な詳細によってリムの加熱とリムの冷却の要件が異なるし、すべてがタイヤにリンクされている」

「正直言って、とにかく別世界だ。正直、カテゴリーを変えたような感じだった。とにかく異なるカテゴリーだ」

「大きなチャンスだったけど、自分も哲学を大きく変えたことを認識している」

「マシンがラップタイムをどのように達成するかという点で、あるチームから非常に異なるチームに移ったし、チームを変更することは予想以上に困難だった。特にすでにチャンピオンシップのために戦っているチームに来たんだからね」

「チャンピオンシップのために戦っているチームにいることは素晴らしいことだけど、同時に難しいことでもある。チャンピオンシップのために戦っているときにマシンに完全にエンゲージしているという適応がないんだからね。僕にはそれをする機会がなかった」

「マシン、そしてチームからとにかく多くのことを学んでいる。非常に異なるチーム哲学、エンジンとマシンにたどり着いたので、ひたすらそれを続けている。時間とともに、改善するだけだし、物事は良くなっている」

「でも、それは簡単なプロセスではないし、まだ継続的なプロセスだ。新しい構造、レッドブルのような構造に入ると、それは非常に大きく、慣れるのは簡単ではない。でも、それはそこに到達してきている」

チームメイトのマックス・フェルスタッペンを187ポイントを獲得したのに対し、セルジオ・ペレスは104ポイントと大きく下回っている。

セルジオ・ペレスは、各グランプリウィークエンドで自分のリズムを掴むのにまだ「時間がかかりすぎる」ことを認める。

「新しいサーキットに行くときは、まだ多くの時間が必要だ」とセルジオ・ペレスは語る。

「予選でそこにいることを金曜日全体のように取り組んでいるし、予選を通してひたすら削っている。金曜日を通してそのような赤字があると遅すぎるということになる」

「最終的にはそこにたどり着くけど、そこまで対処するには時間がかかりすぎている」

「もっと速いマシンだと思うけど、ラップタイムを抽出する方法は大きく異なる」

「結局のところ、すべてのF1カーは非常に接近しているけど、とにかく各マシンから最大ラップタイムを抽出する方法があり、非常に異なっている。そして、僕は非常に異なるマシンに行った」。

「レッドブルのマシンには非常に狭いウインドウがあり、そこで作動する。そのウインドウから出ると少し快適に感じるかもしれないけど、必ずしも速いマシンであるとは限らないので、そのウインドウにとどまることが非常に重要だ。だから、僕はマシンに順応することがたくさんあると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1