セルジオ・ペレスの父親、マクラーレンF1を批判「レッドブルとは正反対」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1との6回目のレースとなったF1アゼルバイジャンGPでで移籍後初勝利を買う得。彼の父親は、息子の業績を非常に誇りに思っているが、この機会を利用して、2013年に厳しいシーズンを過ごしたマクラーレンに反撃した。

セルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンのパンク、メルセデスF1のルイス・ハミルトンのリスタート後のミスもあったが、6番グリッドから素晴らしいパフォーマンスを発揮して自身2勝目を挙げた。

一方、セルジオの父親であるアントニオ・ペレス・ガリベイは、レッドブルのような武器を与えないなかで、パフォーマンスを要求したマクラーレンを批判した。

セルジオペレスは、2013年にルイス・ハミルトンの後任としてマクラーレンと複数年契約んだが、結果を残せずに1年限りでマクラーレンを追い出されている。

アントニオ・ペレス・ガリベイによると、当時、競争力のないマクラーレンのF1マシンでパフォーマンスを発揮するようチェコに計り知れないプレッシャーがあったと語る。

「どの段階でチェコがプレッシャーを感じていたのかと聞かれるなら、それはマクラーレン時代だ。競争力のないマシンで結果を求められていた。レッドブルとは正反対だ。彼らは結果を求めているが、前進するための武器を与えている」とアントニオ・ペレス・ガリベイは語った。

2021年のF1シーズンが始まる前に、セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1で完全にスピードを上げるには5レースが必要だと語り、最終的に6レース目で勝利を収めました。アントニオ・ペレスは、チェコが新しいチームをより快適に感じ、新しい環境に素早く慣れていると語った。

「はるかにリラックスしていて、自分のマシンを理解しているチェコを目にしている。自分が何をしているのかを知っているチェコをね」とアントニオ・ペレスは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / マクラーレン