セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、ピレリタイヤでの初作業を振り返った。

午後からマシンを引き継いだセルジオ・ペレスは、46周を走行して12番手タイムとなる1分42秒777を記録した。

「いくつか問題はあったけど、僕にとってはかなり楽しい一日でした」とセルジオ・ペレスはコメント。

「でも、まだ作業しなければならないことはあるし、これから分析するための多くのデータを得ることができました」

「僕にとって長く走行することが重要でした。クルマはさらに快適に感じられたし、手順やエンジニアにも慣れてきて良いフィードバックを伝えることもできました。かなり満足しているし、プレシーズンテストを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ザウバー / ピレリ