ART
ARTグランプリは、2011年のF1参入への入札を取り消したことを発表した。

GP2とF3で複数のタイトルを獲得したARTは、来年の“13番手のスロット”の有力候補と見られていたが、現在の経済状況ではプロジェクトを進めることができないとの結論に達した。

ARTは、まだ最終的にF1に到達することを目指していており、チームはジュニア・カテゴリへの参戦を続けると強調。現在ARTは、GP2、GP2、F3に参戦している。

「ARTグランプリは、2011年F1世界先週変に参加したいというFIAへの申請を取り消すことに決定した」とARTは声明を発表。

「チームは数カ月間、決意と明快さを約束してこの野心的なプロジェクトに取り組んできた」

「ARTグランプリは、いくつかの技術的、そして財政的なパートナーと力強い契約を結んできた。しかし、好ましくない経済状況により、長期的なプロジェクトの安定性に必要な保証を集めることができなかった」

「したがって、当社はプロジェクトを延期しなければならなくなった。しかし、成功を収めている他のシングルシーターの選手権には完全に集中し、専念したままだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | GP2