F1 オランダGP
F1オランダGPが、2020年にF1スペインGPに代わってカレンダーに入りすることになりそうだ。

リバティ・メディアは、マックス・フェルスタッペン人気にあやかって、オランダをF1カレンダーに加えることに熱心に取り組んできた。

F1オダンダGPの開催地に関してはザントフォールトとアッセンが候補地に挙げられていたが、Autosport はザントフォールトが2020年5月14日にF1オランダGPを開催する契約を締結したと報じている。

2020年のヨーロッパラウンドの初戦としてF1オランダGPが復活することにより、カタルニア・サーキットで開催されてきたF1スペインGPがカレンダー落ちすることになると考えられている。

F1スペインGPの開催契約を今シーズン末までとなっているが、バルセロナの地方自治体の支持を失っており、フェルナンド・アロンソがF1を離れたことも相まって、F1から撤退する可能性が高いと考えられている。

ザントフォールトがF1カレンダーに復帰するためには、サーキット自体と会場内のインフラを大きく改修する必要があるが、F1オランダGPの開催が確定次第、作業が開始されるとされている。

ザントフォールトではF1が30回開催されており、最後のレースとなった1985年ではニキ・ラウダが優勝している。

2020年のF1世界選手権では、F1ベトナムGPがカレンダーに加わり、フライアウェイの最初の5レースを締めくくる日程に位置することになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | F1オランダGP