F1撤退騒動の決着はつかず
FIAとF1チームとの会談が行われたが、FIAは予算キャップ制の計画を妥協することを拒否。会談は、同意されることなく終了した。

予算キャップ制に反対して多くのチームがF1撤退を宣言するなか、FIAとFOTAそしてバーニー・エクレストンによる会議が15日(金)、ロンドンのヒースロー空港ホテルの会議室で行われた。

FIA会長のマックス・モズレーは、F1チームとの会談は“友好的”に行われたとしながらも、FIAは4,000万ポンドの予算キャップおよび5月29日の2010年のF1世界選手権のエントリー締切を引き下げるつもりはないと語る。

F1チームは現在、FIAのスタンスへの返答を議論するためにさらなる会議を行っている。

「かなり友好的な会議だったが、最終的に彼らが予算キャップより良い何かを提案できるかということになった」とマックス・モズレーは語る。

「エントリー期限は発表されており、遅らせることはできないと説明した。潜在的な新チームを不利な立場に置くことはできない。しかし、我々は彼らのどんな意見でも聞く準備はできている」

「一方、レギュレーションは発表されているままだ。我々は、皆が同じレギュレーションのもとでレースをして欲しいと説明した。我々は全てのチームが予算キャップに参加してほしいと説明しており、彼らは考慮するために立ち去った」

「我々は、皆がなぜ予算キャップのもとで運営したくないのか理解できない。それはテクニカルレギュレーションの段階的な緩和を意味しており、全てのエンジニアが望んでいることだろう。最終的に、選択は、知性の自由とコストの制約か知性の制約とコストの自由だと言った。それが彼らがこれまで反対していることだ」

「我々は、エンジニアが最近のF1が莫大な出費での終わりのない改善から成っていると言っていたことを指摘した。そこから離れ、発明と創造性を持たせたいが、我々ができるのはコストを制限することだけだ。誰も無制限のコストを持つ余裕はないからな」

「いくつかのチームはその考えに同意し、いくつかは同意しないと考えている。彼らはそれを議論するために立ち去った」

また、フェラーリがチームが持っている技術規則への拒否権を侵害されたとし、フランスの裁判所への提訴が明らかになった。

「会議の間にフェラーリがフランスの裁判所に提訴したことが明らかになった。詳細はわからないが、我々が行おうとしていることの禁止を要求するものだ。そのため、フェラーリに関しては、状況は止まっている」

マックス・モズレーは、新しいコンコルド協定にまで議論が及んだが、この問題も未解決なままだと付け加えた。

「それから、彼らはコンコルド協定についても尋ねた。我々は1998年のコンコルド協定を放棄することに問題があり、さらに5年間延長することに合意するならば、準備はすると言った」

「しかし、彼らと商業側のバーニー・エクレストンとの間で合意には至らなった。彼らは2年間もそれについて話しているので、まだ合意に達しないことは驚くことではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連 / FOTA / FIA