F1 ディフューザーに合法との判決
FIA国際控訴裁判所は、ブラウンGP、トヨタウィリアムズが使用するディフューザーを合法と発表した。

14日の公聴会のあと、裁判官によって夜通しで審議された結果、ICAはオーストラリアGPでフェラーリ、レッドブル、ルノーによって申し立てられた異議を却下した。

「FIA国際控訴裁判所は、2009年3月26日のオーストラリア・グランプリのスチュワード団による16〜24番の裁定および2009年FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップのポイントに対して提出された控訴を却下することを決めた」

「裁判所は、聴取した意見および提出された証拠に基づき、問題のマシンが適用される規約に従っていると判断したスチュワードは正しいと結論した」

関連:F1 ディフューザー問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連 / FIA