ミカ・ハッキネン
ミカ・ハッキネンは、ドライバーマネジメントという新しいキャリアをスタートすることを発表した。

1998年と1998年に2度のF1ワールドチャンピンに輝いたミカ・ハッキネンは、アセス・マネジメント・グループに所属し、彼の長年のマージャーでありアセス・マネジメント・グループの取締役であるデディエ・コトンと共に働くことになる。

ハッキネンの役割は、若手ドライバーの発掘と養成になる。

2001年シーズン末にF1レーシングを引退したハッキネンは。「非常にチャレンジングな新しいプロジェクトだし、責任は重大だよ」と述べた。

「僕の職業的成功において重要な役割を果たし、今もそうであるディディエと密接に仕事を続けることて嬉しいよ」

「僕自身の経験から、トップに上り詰めるには何が必要か、そしてスポーツマンのキャリアにおいて信頼のおけるプロフェッショナルな集団が周りにいることがいかに重要なのかをわかっている。2度のワールドタイトル優勝で学んだことを、野心にあふれた才能ある若手ドライバーと共有するのが待ちきれないね。」

コトンは「我々アセスは、ミカとの提携の範囲を広げ、彼のキャリアの新しい章の一部になることに非常に興奮している」と述べた。

「ドライバーとしての彼の才能は疑いようもないし、2度のワールドチャンピオンになるために必要だった献身、集中力、素早い決断という才能を新しい仕事に活用してくれるだろう。そして、彼がその知識を将来のチャンピオンと共有したがっていることも知っている」

「我々は、ここ数週間にわたって契約をまとめていた。このような形で彼が参加することは素晴らしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連