ビリー・モンガー
レース中の事故で両足を切断したビリー・モンガーが昏睡状態から目を覚ました。

イギリス出身のビリー・モンガー(17歳)は、参戦末にドニントン・パークで開始されたイギリスF4のレースでスローダウンした前方車両にフルスピードのままで追突。マシンは前のマシンにリアに完全に突き刺ささる程の衝撃で救出には90分以上を擁した。

救出後、ヘリコプターでサーキット近くのクイーンズ・メディカル・センターへ搬送され、手術が行われた。残念ながら、今回の事故によりビリー・モンガーは両足を切断した。

20日(木)、ビリー・モンガーが所属するJHR Developmentsのチーム代表スティーブン・ハンターは、モンガーが意識を回復したことを明らかにした。

ビリー・モンガーは、両足が切断されていることを知り、気丈に振る舞っているという。

「状況はポジティブだ。ビリーは自分自身で呼吸して会話をしていた」とスティーブン・ハンターはコメント。

「彼は自身の怪我を知っている。彼は状況についてとても気丈な振る舞いをしている。彼はステアリングホイール裏についているクラッチを手で動かす仕草を見せていた。それこそビリーだ」

「これから長く険しい道のりが待っているし、避けて通ることはできないだろう。だが、私は彼が持ち前の性格で困難をくぐり抜けてくれると信じている」

ビリー・モンガーを支援するための寄付サイトには、62万ポンド(約8,600万円)が集まっている。


関連:ビリー・モンガーの事故にモータースポーツ各界から支援の声

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連