オスカー・ピアストリ、2023年のアルピーヌF1チームとの契約を否定「運転するつもりはない」
オスカー・ピアストリは、2023年にアルピーヌF1チームとF1でレースをする契約を結んだことを否定する声明を発表した。

8月2日(火)、アルピーヌF1チームは、アストンマーティンF1に移籍したフェルナンド・アロンソの後任として、2023年シーズンからリザーブドライバーのオスカー・ピアストリをレースシートに昇格させ、レースドライバーに起用することを発表した。

奇妙なことに、アルピーヌF1チームのプレスリリースには、オスカー・ピアストリからコメントは掲載されておらず、彼のソーシャルメディアで反応さえなかった。

そして、火曜日の夜、オスカー・ピアストリは、TwitterでアルピーヌF1チームがプレスリリースを発表したことに驚きを表明し、彼の同意なしに発表されたと主張した。

「僕の同意なしにアルピーヌF1が今日の午後遅くに僕が来年彼らのために運転するというプレスリリースを出したと理解している」とオスカー・ピアストリは書いた。

「これは間違っている。僕は2023年のアルピーヌとの契約に署名していない。来年はアルピーヌで運転するつもりはない」

最後の断言は、アルピーヌF1チームとオスカー・ピアストリの2023年の契約状況が双方の同意なく進められていることを示唆している。

アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは火曜日の朝、メディアに対し、チームとオスカー・ピアストリは2023年に契約を結んでいるが、いずれかの当事者が保持するオプションの行使次第では2024年にも契約を結ぶ可能性があると語った。

一方、オスカー・ピアストリは、マクラーレンと仮契約を結んだという噂が広まっている。ピアストリのマネージャーで元F1ドライバーのマーク・ウェバーが仲介した契約だ。

しかし、オスカー・ピアストリがマクラーレンに自由に移籍する権利があり、アルパインF1チームで走る義務はないする法的根拠は不明です。

アルピーヌF1チームのプレスリリースの前にオトマー・サフナウアーは「彼がマクラーレンと事前に取り決めをしているとしても、私はそのことには関与していない」と語った。

「しかし、ピットレーンで同じ噂を耳にしている。しかし、私が知っていることは、彼は我々に対して契約上の義務を負っているということだ。そして、我々は彼に対して義務を負っている。そして、我々は、一年中、それらの義務を尊重してきた」

「そして、これらの義務は23年まで続き、いくつかのオプションが採用された場合、おそらく24年まで続く」

「今年、彼に対する我々の義務はリザーブドライバーになることであり、かなりの時間、昨年のマシンに彼を乗せることだった」

「我々は、来年のレースに備えて、昨年のマシンで5000kmのプログラムの半分をはるかに超えているが、これは重要ではない」

「また、FP1、シミュレーション作業、そして、我々は両方の側でそれらの義務を果たしてきた」

「したがって、我々は彼と2023年の将来に向けた法的契約を結んでいる。オプションが行使された場合は2024年も可能性がある」

「したがって、私は彼がマクラーレンに何をしたかは知らない。言ったように、私はそれに関与していない」

ルノー・グループの関連会社であるアルピーヌは、一方的にオスカー・ピアストリを確認する強力な法的根拠を持っていたとしか思えない。

したがって、2023年に向けて、彼のキャリアに何百万ドルも投資した現在の雇用主に自分が縛られていないと考える理由について、今後発表されるであろう、オスカー・ピアストリ側の解釈、彼の弁護士の意見を聞くのは興味深い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / アルピーヌ