アルファタウリF1加入のニック・デ・フリース 「角田裕毅は速くて才能のあるナイスガイ」
2023年にアルファタウリF1でデビューを果たすニック・デ・フリースは、チームリーダーの責任を引き受けるのに十分に成熟していると自信をもっているようだ。

ニック・デ・フリースは9月中旬にモンツァ・サーキットで開催されたF1イタリアGPでのF初1レースで非常に良い印象を与えた。メルセデスF1のリザーブドライバーであるニック・デ・フリースは、土曜日の朝にウィリアムズからレース出場を依頼された。

虫垂炎に倒れたアレクサンダー・アルボンの代役を務めるアレクサンダー・アルボンは、メルセデスのF1エンジンでも戦闘力に劣るウィリアムズ FW44で9位でフィニッシュし、2ポイントを獲得した。

F1イタリア GPでの結果は、スクーデリア アルファタウリが 2023年F1 シーズンからニック・デ・フリースを採用するための参考資料の1つになった。彼は、アルピーヌF1チームに移籍したピエール ガスリーの後任となる。

ニック・デ・フリースに対するアルファツアの親会社としてのレッドブルの期待が高いのは確かだ。起用に大きな役割を果たしたレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、27歳のデ・フリースがスクーデリア・アルファタウリでチームリーダーを務めることができていると語っている。

ヘルムート・マルコのコメントについて質問されたニック・デ・フリースは「誉め言葉だと思っている。ありがたい言葉だ」とコメント。

「リーダーになるためにF1での経験は必要ないと思う。僕の意見では、性格、パーソナリティー、働き方に大きく影響される」

「これまでF1で完全に打ち込んだことはないけど、一緒に何かを達成するために車、パッケージ、そして、周りの人々から何が必要かを知っている。だから、僕はそれについて確信している」と2019年のF2チャンピオンは語った.

ニック・デ・フリースは、2021年のF1デビュー以来、アルファタウリに所属する角田裕毅とチームメイトとなる。しかし、角田裕毅はデ・フリースより5歳年下だ。

「裕毅は素晴らしいキャラクターを持っているし、本当に僕たち全員を楽しませてくれる。彼と仕事をするのが待ちきれない」とニック・デ・フリースは語った。

「それに彼は非常に速く、才能がある。裕毅はナイスガイだ。僕たちは長い間連絡をとっている」

「彼がF2にいたとき、僕はとても協力的だったし、数年前、マックスと一緒に出掛けてたくさん話をした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / アルファタウリ / 角田裕毅