ニキータ・マゼピン 「ハースF1チームのことは許さない」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1チームからオファーがあっても戻るつもりはないと語る。

モンツァで、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、解雇されたロシア人のニキータ・マゼピンの法的措置の通知を受け取ったことを認めた。

ロシアのウクライナ侵攻を受けて父親の会社であるウラルカリとともにハースF1チームを追放された23歳のニキータ・マゼピンは「彼らが反応したかどうかははっきりとは言えないので、情報を再確認する」とTAS に語った。

「しかし、制裁にもかかわらず、僕が補償と債務を受け取る可能性はある」

「制裁は、契約法によって定められた法律を回避する権利を誰にでも与えるものではない。僕は真実を信じているし、裁判官が自分の仕事をすることを信じている」

ニキータ・マゼピンは、ハースF1チームを訴えている金額について正確に特定しなかった。

「まず第一に、彼らは昨年の給料を支払う義務がある」とニキータ・マゼピンは語った。

「毎月支払われるはずだったけど、経理部門との小さな問題により、本来あるべき姿にはならなかった。これは5つか6つのゼロからなる数字だ」

「僕は彼らの経理部門に行きたいけど、制裁により僕は飛ぶことができない。ボーナス、長期契約に頼っていたことによる重大な損失、イメージの損失、F1カーでさえ契約に含まれていた。でも、僕たちの国には来なかった」

「これはすべて昨年のことで、今シーズンとは関係ない」とニキータ・マゼピンは Avto Radio に明かした。

しかし、ニキータ・マゼピンは、補償できない最大のことは、F1の夢を失ったことだと語った。

「一生F1にいたかった」とニキータ・マゼピンは語った。

「僕はそれを成し遂げたし、競争力のある車で何ができるかを疑いなく知っている」

だが、ニキータ・は招待されてもハースF1チームには戻らないと語る。

「たとえルールが守られていたとしても、あそこには戻りたくない。どんな犠牲を払ってもF1にいたいわけではないからね」とニキータ・マゼピンは語った。

「人間性も僕にとって重要だ」

「チームのボスがそのように振る舞うとき、僕が対話できるチームは他に9つあると思う」

また、ニキータ・マゼピンは、F1ピットウォールでの将来の可能性もあると考えている。

「いつの日かビジネスマンとしてそこに立つことになると思う」とニキータ・マゼピンは語った。

「でも、急いではいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース