F1:ニコラス・ラティフィ 「ハミルトンからサポートのメッセージを貰った」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、昨年のF1アブダビGPの余波で殺害予告を含めた誹謗中傷を受けたことを告白した後、ルイス・ハミルトンを含めた多くのドライバーからサポートのメッセージを受け取ったと明かした。

ニコラス・ラティフィは、最終戦F1アブダビGPのレース終盤にクラッシュを喫してセーフティカーを登場させた。それがF1レースディレクターの物議を醸すルールの発令を誘発させ、マックス・フェルスタッペンの逆転勝利位とタイトル獲得を可能にした。

ニコラス・ラティフィは、その後、ソーシャルメディアで殺害予告を含めた誹謗中傷のメッセージが殺到したことでTwitterとInstagramをスマホから削除することを余儀なくされたと明かし、公開書簡でそれを批判した。

ニコラス・ラティフィは、その投稿以来初めて誹謗中傷について語り、渦中のルイス・ハミルトンを含めた多くのF1ドライバーが彼に連絡を取り、サポートを提供してくれたと語った。

「その後のサポートに関してだけど、ルイスが数日後に僕にメッセージを送ってくれた。僕が声明を発表する直前だったと思う」とニコラス・ラティフィは語った。

「彼が言ってくれたことを詳しく説明するつもりはない。メルセデスF1の他のチームメンバーからもサポートを受けた」

「明らかに、複数のドライバー、非常に多くの異なる分野にわたるチームからのソーシャルメディアでのサポートの全体的な抗議を見るのが本当にうれしかったし、勇気づけられた」

「誰もが感情とメッセージ全体に同意してくれた。今回のオンラインでの誹謗中傷のこのような事件や状況だけではない」

「僕にとって、初日は最高の気分ではなかった。2日で乗り越えたと思うけど、残念ながら何らかの理由でうまく対処できない人もいるし、非常に深刻な結果を招く可能性もあることだ」

ラティフィは、12月12日のレースに続く数週間で、殺害の脅迫を“真剣”に受け止め、予防措置として個人のセキュリティを強化したと語った。

「一部の人にとっては馬鹿げているように聞こるかもしれないけど、結局のところ、人々がどれほど真剣かはわからない」とニコラス・ラティフィは説明した。

「空港で悪い日を過ごして酔っ払っているファンがいたり、何かの影響を受けたり、非常に極端な意見を持っている人に会う可能性だってある。100万人に1人だけでもね」

「レース後、ロンドンに戻った日もあったけど、特定のことをしているときは、ある程度の安心感があった。レースの最後のブロックの前にそれをうまく収めることができなかったので、ガールフレンドと一緒にウィンターワンダーランドに行った。何人かのセキュリティをつけてね」

「馬鹿げた可笑しい話に聞こえるかもしれないけど、何が起こるかわからないので、脅威を真剣に受け止めた。僕たちが住んでいる世界の残念な部分だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ