ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ 「アルボンとはお互いに激しくプッシュできる」
ニコラス・ラティフィは、2022年にウィリアムズF1にチームメイトとして加わるアレクサンダー・アルボンとお互いにプッシュできることを期待していると語る。

1年間グリッドの外にいたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズF1でF1グリッドに復帰する。その間、アルボンは、レッドブルF1のリザーブドライバーとしてシミュレーター作業を行っていた。

ニコラス・ラティフィは、アレクサンダー・アルボンと2022年に導入される新レギュレーションをテストした経験について話をしたと語る。

「彼と新しいタイヤでの彼の経験について、そして、明らかに来年のマシン全般に関して簡単に話した」とニコラス・ラティフィはRacingNews365.comに語った。

「特に僕たちのチームについてはあまり話していないと思う。正直なところ、僕はまだ2022年マシンでそれほど多くのシミュレーションを行っていない」

「何日かやったけど、シーズンが終わるのを待っていて、月曜日の朝にまっすぐにファクトリーに戻った。すでに2022年の準備を少し始めている」

「でも、もちろん、僕たちは話をしている。僕たちは以前に一緒に働いたことがあるし、お互いにかなり激しくプッシュすることを知っている」

2022年にF1で3シーズン目を迎えるニコラス・ラティフィは、2021シーズンは自分とチームの両方が多くの一歩を踏み出したと感じている。

「継続的な改善の大きなシーズンだったと思う」とニコラス・ラティフィは説明した。

「ルーキーイヤーから2年目になると、どんなスポーツでもそうだと思うけど、F1、特にレースについて、おそらく常にすべての面で最大の改善と最大の利益が得られると思う」

「ドライビングだけでなく、F1環境、チーム環境にいることで、ジュニアカテゴリーでは必ずしも直面しないF1で直面するすべての状況でより快適になってくる」

「実際のドライビングとパフォーマンス面を振り返ると、確かにもっとうまくやりたいことはたくさんあると思う。いくつかの小さな問題と詳細もより多くの経験を積んでいる。後から考えれば、もう少し良く適応できたかもれないし、適応したかった」

「でも、パフォーマンスが正しい軌道に乗っていることは継続的な改善であると本当に感じている。繰り返しになるけど、タイミング画面で常に明らかだとは限らないし、それは僕たちが現在いるポジションにとって重要なことではない」

「自分自身、自信、チームへの自信を築き続けることが重要だ。チームが今進んでいる方向、そして、来年に向けて、とてもエキサイティングな時期だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン