ニコラス・ラティフィ、ギアボックス&パーツ交換でピットレーンスタート / F1オランダGP 決勝
ウィリアムズは、ニコラス・ラティフィのギアボックスを交換するとともに、セットアップを変更。ラティフィはF1オランダGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

ニコラス・ラティフィは、予選Q2終盤にターン8で高速でバリアにクラッシュ。衝撃は38Gを記録され、ギアボックスのダメージが懸念されていた。

ウィリアムズは、決勝にむけてニコラス・ラティフィのギアボックスを交換したことを発表。予選14番だったラティフィはこの時点で19番手への交換が決定。

さらにウィリアムズは、フロントウイングとノーズアセンブリを異なる仕様のものに変更。これにより、パルクフェルメ規則を破ることになり、ニコラス・ラティフィはピットレーンスタートが決定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / F1オランダGP