F1
今年ウィリアムズでF1デビューを果たすニコラス・ラティフィは、F1で使用する固定ナンバーとしてニコ・ロズベルグが使用していた“6”を選択したことを明らかにした。

昨年、F2をランキング2位で終えたニコラス・ラティフィは、2020年のF1世界選手権でジョージ・ラッセルのチームメイトとしてウィリアムズからF1デビューを果たす。

ニコラス・ラティフィは、2020年のF1グリッドで唯一のルーキーであり、まだF1で使用する固定ナンバーを選択していなかった。

しかし、ニコラス・ラティフィは、ソーシャルメディアでF1で使用するカーナンバーに6番を選んだことを発表した。

「僕がこれを選んだ理由はトロント出身だからだ。トロンソは“The Six”として知られている。基本的にトロントの電話番号の市外局番は416もしくは647なんだ」

「ちょっとくだらない理由ではあるけど、行き詰っていたので、それを選ぶことにした」

“カーナンバー6”を最後に使用していたのはニコ・ロズベルグ。2014年にF1に固定されて以来、カーナンバー6を使用し、2016年にメルセデスでワールドチャンピオンを獲得してF1を引退。カーナンバーは、最後のF1レースから2年間はプロテクトされているが、すでに6番は利用可能となっていた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ