ダニカ・パトリック NASCAR インディカー・シリーズ
ダニカ・パトリックは、2017年がNASCARカップシリーズでの最後のフルタイムの1年になると述べ、2018年は最後のレースとしてデイトナ500とインディ500でレースをすると述べた。

スチュワート・ハース・レーシングは、2018年にダニカ・パトリック(35歳)に代えてアリック・アルミロラを起用することを決定。ダニカはシートを失うことになった。

以前、ダニカ・パトリックは、2018年もNACARでレースをすることが唯一の望みであり、同シリーズにとどまるために交渉を続けていると述べていた。

しかし、ダニカ・パトリックは17日(金)にホームステッドで「今年はフルタイムのドライバーとして最後のシーズンになるでしょう」と発表。

「どうしても駆り立てられているという気がしませんし、そうすべきだと感じています。それが自分の人生が進むべき道だと感じています」

ダニカ・パトリックは、インディカーへの1回限りの復帰と、デイトナで最後にNASCARを戦うことが、終えるための正しい方法だと感じていると付け加えた。

「完全には終わっていない。来年はデイトナ500とインディ500で走るつもりです」

「それについて本当に興奮しています。引退のための素晴らしい方法になると思っています」

ダニカ・パトリックのNASCARカップでの最高成績は2014年のアトランタでの6位。さらに6回のトップ10フィニッシュを達成している。

「私がずっと望んでいたのは、素晴らしいドライバーとして覚えてもらうことです」とダニカ・パトリックはコメント。

「みなさんが私のことを女の子として覚えてくれるどうかは気にしません。もちろん、私はそうですが、素晴らしいドライバーとしても覚えてほしいです」

「何年も前にも言ったように、うまくいかなければ、楽しめなければ、それをしたくはありません。そして、ここにいるのは楽しいことではありません」

2008年のもてぎで女性初のインディカー優勝を成し遂げたダニカ・パトリックは、インディカーとNASCARで勝利を収める数少ないドライバーの一人になることを目指していた。しかし、NASCARの独自性はそれを達成させるのを難しくしたと述べた。

「NASCARの難しいところは、インディカーの2倍、20台ではなく40代が走り、本当に競争的なことです。クルマが大きな違いを生みます」

「ドライバーとしてコントロールできないことが多くあると感じていますし、それにはフラストレーションの溜まることです」

「インディカーへの復帰では調整することは少しだけだと思いますが、異なるのは確かです。今の自分がインディカーで走っていた頃よりも悪いドライバーだとは感じていませんし、本質的には良いドライバーになっていると感じています」

「慣れるのに少し時間がかかるとは思いますが、いざその時が来たら、もう少し近づけると思います。幸運にもそれまでに多くの時間がありますしね」

ダニカ・パトリックは、2018年の2つのレース以降はレースを続けることはないだろうと付け加えた。

「絶対ないとは言えませんが、それが私の計画です。インディカーを終えれば、終わりです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: NASCAR | インディカー