中嶋一貴(画像)
中嶋一貴がヨーロッパGPへの抱負を語った。一貴は、夏休み期間は日本に帰国し、休暇を過ごしたという。

中嶋一貴(ウィリアムズ)
バレンシアで良いレースをするのを楽しみにしている。新しいサーキットは素晴らしそうだし、本当にレースをするのが楽しいだろうね。モナコやモントリオールのように、僕たちのマシンはこの種のトラックとの相性が良いので、良いパフォーマンスを発揮できることを期待している。

ドライバーは、サーキットに慣れるのにあまり時間はかからないだろうね。初めはグリッドの残りの人も僕と一緒に学ぶことになるだろう。

2週間の夏休みの間、家族や友達と過ごすために日本に帰って、素晴らしい時間だった。でも、今は最後の数ラウンドを楽しみにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 中嶋一貴 / ウィリアムズ