モナコのアルベール2世大公、モナコグランプリの新しいF1契約に自信
モナコのアルベール2世大公は、公国がF1の象徴なストリートレースであるモナコグランプリを維持できると確信していると語る。

F1のオーナーであるリバティメディアが、マイアミやラスベガスといったエキサイティングな新しい会場へと進出するにつれて、モンテカルロ市街地コースのようなスポーツで最も歴史的なレースでさえもはや安泰ではないことが明らかになった。

「モナコが今カレンダーに登場する新しいサーキットであり、彼らが『最低の開催料金から得られず、オーバーテイクすることができないだろう』と言った場合、それは決して受け入れられないだろう」とレッドブル・レーシングのF1チームの代表を務めるクリスチャン・ホーナーは語った。

「立ち止まっていることは後退だ。それはスポーツのあらゆる側面に当てはまると思う」

フランスのL'Equipeによると、モナコのアルベール2世大公は、特にオントラックショーを盛り上げるために、変更の必要性を認めている。

モナコの現在のF1契約は日曜日のレース後に失効し、レキップは「3年または5年の延長の交渉が進行中である」と主張している。

アルベール2世大公は「我々の歴史は我々を物語っている」とコメントしている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは「モナコが我々にとって重要なのは確かだ」とコメント。

「我々は歴史的なグランプリであることを完全によく知っている。しかし、結局のところ、昔ながらの状態を維持することはできないので、彼らによってもたらされなければならない」

「そして、私はモナコについてだけ考えているわけではない。それはすべてのグランプリにとって良いレッスンだ」

モナコグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1モナコGP