ミック・シューマッハの2023年F1シーズンの選択肢は減少の一途
ミック・シューマッハがF1キャリアを維持するための選択肢は現象の一途をたどっている。

アルファロメオが、中国人ルーキーの周冠宇が2023年も残留することを発表したことで、ミック・シューマッハは現在のF1グリッドで唯一来季の契約がないドライバーとなり、現実的な選択肢はハースとウィリアムズの2つだけとなった。

彼の現在のボスであるハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニコ・ヒュルケンベルグを含む代替案を検討していることを認めており、23歳のミック・シューマッハのチャンスを「50-50」と評価している。

ピエール・ガスリーがアルピーヌに移籍した場合、レッドブルが所有するアルファタウリに欠員が生じる可能性はあるが、最近、ヘルムート・マルコがオーストリアでニック・デ・フリースと会っていたことが明らかになっている。

そして、ミック・シューマッハは、アストンマーティンに移籍するフェルナンド・アロンソのアルピーヌの後任候補とは見なされていない.

アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは、「我々セカンドドライバーに関して快適な立場にある。急ぐ必要はない」と主張する。

「控えめに言っても、現時点で我々はパドックで最もホットな場所にいる。人々は決定を下す前に我々を待っている」

F1に関する限り、マネジングディレクターのロス・ブラウンは今週、F1でシューマッハの名前を維持することが「非常に重要」であると宣言した。

「現時点でドイツGPがカレンダーにないことに苛立ちを感じている」とロス・ブラウンはSport1に語った。

「これは、将来の最大の目標の1つだ。

「だからこそ、ミック・シューマッハがF1でキャリアを続けることが非常に重要だ」

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリも同意し、「ミックは彼が必要なプロフェッショナリズムを持っていることを示してきた」とDer Spiegelに語った。

「彼はシーズンの終わりまで彼のスキルを証明し、シューマッハの名前がF1に残ると確信している」

もう1つの重要な味方は、ミックの叔父であるラルフ・シューマッハであり、ギュンター・シュタイナーが今年のハースF1チームでのミック・シューマッハの苦闘を処理した方法を厳しく批判してきた。

「ミックをリストに載せていないチームボスは、私の意見では大きな間違いを犯している」とラルフ・シューマッハは formel1.de に語った.

「もし私がチーム代表だったら、誰を選ぶかは問題ではなかっただろう。今、私の周りを見渡せば、それは非常に明白だ」

1つの理論は、アルピーヌがジャック・ドゥーハンを2023年にオスカー・ピアストリのためにリザーブされていたウィリアムズのシートに昇進させるつもりであるため、ウィリアムズのドアはミック・シューマッハに閉ざされつつあるというものだ。

「彼はF2で良いレースをしている」とラルフ・シューマッハはオートバイのレジェンド、ミック・ドゥーハンの息子について語った。

何が起こっても、叔父のラルフ・シューマッハはミックに嵐を乗り切るよう助言する。

「ミックの大きな強みは、常に冷静でいられることだ」とラルフ・シューマッハは語った。「今でも、プレッシャーが彼にかかっているとき、彼はそれを素晴らしく処理している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース