F1:ミック・シューマッハ 「フェルスタッペンとのバトルは学びになる」
ミック・シューマッハは、マックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンといったチャンピオンとの戦うことで、彼らのアプローチから学べたと語る。

2021 年の大部分をフィールドの後方で過ごしたハースF1チームだが、2022年に進歩を遂げ、ミック・シューマッハとチームメイトのケビン・マグヌッセンは時折フロント ランナーと戦えるようになった。

ミック・シューマッハは、初ポイントを獲得したF1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンと7位争いを展開し、1週間後のF1オーストリアGPの週末にはルイス・ハミルトンとの接戦を楽しんだ。

F1イギリスGPで最終的に先制したのはマックス・フェルスタッペンだったが、ミック・シューマッハは、これらの戦いが彼にとってかけがえのない経験であることが証明されたとRacingNews365に説明した。

「彼らがどのようにレースをするかを学ぶのに役立つ」とミック・シューマッハは語った。

「彼らがいつまでレースを続けるかは分からない。マックスがあと数年レースを続けるのは確かだろうけどね」

「1on1の戦いのように、彼が戦いにどのようにアプローチするかを知るのは良いことだ。素晴らしい経験だ。将来的にはもっと多くの戦いができることを期待している。

しかし、ミック・シューマッハは、現時点ではマックス・フェルスタッペンらとの戦いが一般的なものになるとは考えていない。

「いいや、その時点では、正直なところ、とにかく別次元のドライバーだ」とミック・シューマッハは続けた。

「彼らの間に違いはない。でも、フェラーリやレッドブルのようにはるかに速い場合、彼らに問題がなければ、僕たちが戦うのは非常に困難だ。タイヤを使うだけだから意味がない」

2020年にF2でチャンピオンを獲得した後、ミック・シューマッハは2021年にF1にステップアップしたが、ハースF1チームの競争力のない車にとってあまり多くの戦いに参加することはできなかった。

7回のF1ワールド チャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、再びホイール・トゥ・ホイールのバトルをする機会を得たことを楽しんでいる。

「それはいつも私が楽しんでいたことであり、ジュニア時代にはそれで十分だった」とミック・シューマッハは説明した.

「そして、明らかに、今年それが戻ってきたのは素晴らしいことだ」

F1とジュニアカテゴリーでのレースの違いに関して、ミック・シューマッハは次のように付け加えた。

「勝負するためのツールがたくさんあり、レース中に変更できるものがたくさんある。それらを変更しないと、戦いに負ける可能性がある」

「だから、状況に合わせてすべてを正しくすることが本当に問題だ基本的には、誰かを追い越したい場合に何をしなければならないかを理解することだ」

ミック・シューマッハ F1 マックス・フェルスタッペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / マックス・フェルスタッペン