レッドブルF1首脳、ミック・シューマッハのアルファタウリF1加入を否定
ミック・シューマッハは、2023年にF1から脱落するリスクがあるとドイツのBildが報じている。

F1引退を表明した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2023年のアストンマーティンF1のシートにミック・シューマッハを推薦したが、チームはフェルナンド・アロンソと契約した。

「ローレンス・ストロールに対するセバスチャンの良い言葉は役に立ちませんでした」とRTLフェリックス・ゴーナーは語った。

「つまり、来シーズンはハースしかいないということだ。シートを確保するために、今後数週間でうまく交渉することが重要だ」

実際、これまでハースF1チームに非常に批判的だったミックの叔父のラルフ・シューマッハは、突然、チームについて話し始めた。

「私の甥のミックにとって、アストンマーティンは良い選択肢だっただろう」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

「しかし、彼はすでに、良い仕事をして進歩を遂げているハースF1チームに所属している。ミックのパフォーマンスは過去数週間で大幅に改善されており、彼らが一緒にいることは十分に想像できる」

「市場には経験豊富なドライバーがそれほど多くないし、ハースが他に何ができるかはわかりません。そして、新しいドライバーは、これらの車で長いスタートアップ時間を必要であり、テストする時間はない」

Bildは、ミック・シューマッハとハースF1チームの間で2023年について「最初の話し合い」がすでに行われたと主張している。

「しかし、両者の関係は難しい」とBildは伝えた

「ギュンター・シュタイナーは過去に公にミックを批判していた。」

Bild によると、ミック・シューマッハのもう1つの大きな問題は、フェラーリF1のアカデミーのトップドライバーとして、マッティア・ビノットの支持を失う可能性があることだ。

ウィリアムズF1チームでさえ、ミック・シューマッハの選択肢ではないようだ。

「アレクサンダー・アルボンは残り、エンジンサプライヤーのメルセデスは、ドライバーのニック・デ・フリースがニコラス・ラティフィに代わることを望んでいる」とBildは報じている。

「それは、F1でドイツ人ドライバーがいない1年に直面するということを意味する」

F1にとどまるミックの最後のチャンスは、アルファタウリF1のシートになる可能性がある。

角田裕毅はまだ決まっていないが、彼は私たちのリストの1位だ」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはf1-insider.comに語った。

「ミック・シューマッハとは何の話もしていない。彼はフェラーリのジュニアだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / レッドブル / アルファタウリ