ミック・シューマッハ 「20年前のF1マシンだったら無傷では済まなかった」
ミック・シューマッハは、20年前のF1マシンならばF1サウジアラビアGPの予選での大クラッシュで無傷では済まなかったと考えている。

ハースF1チームのミック・シューマッハは、土曜日の予選で恐ろしいクラッシュを喫した。ターン10の縁石に乗って車のコントロールを失ったシューマッハは、160mph(時速257.5km)以上でバリアに接触。33Gとされる衝撃でコンクリートのバリアは動き、跳ね返ったシューマッハにはターン12で車が停止するまで二次的な衝撃が加えられた。

ミック・シューマッハは、予防的検査のために病院にヘリコプターで運ばれたが、無傷であり、同夜遅くに退院した。

「大丈夫だと感じている。それほど痛みはない」と日曜日にサーキットに姿をみせたミック・シューマッハはSky Sport F1に語った。

「最近のこれらの車の安全性を示しいる。怪我をせずに済んだけど、20年前だったらそうはいかなかったと思う。だから、安全を確保することに携わったすべての人に感謝している」

ミック・シューマッハは、健康上の問題ではなく、次戦オーストラリアGPのためにメルボルンに向かう前にハースF1チームが別の大きな事故に見舞われた場合のパーツ不足の懸念によって、日曜日の夜のグランプリから除外された。

クラッシュについて、ミック・シューマッハは「面白いことに、事故に遭ったり、何かがおかしいとわかっているときは、ほとんどの場合、時間が少し変わって、少し遅く感じられるよね」とコメント。

「壁が自分に向かってくるのを見て、衝撃などに備えることができた。Q3に進める車だったのので残念だったけど、今はメルボルンでそれをやらなければならない」

今年、F1は車の安全性を向上させるために追加の措置を講じた。これは、今年の43kgの車の重量増加のほぼ半分の原因であると言われている。

しかし、車は安全になったかもしれませんが、サーキットはどうだろう? ジェッダ・コーニッシュ・サーキットは、セルジオ・ペレスによるとカレンダー上で「最も危険」であり、、カルロス・サインツはそこに「価値がある」かどうかを疑問視している。

ミック・シューマッハについては、サウジアラビアのサーキットについて「調査しなければならないことがあると思う。将来どうなるかは分からないけど、戻ってくるのであれば、真剣に話し合う必要があるだろう」

元F1ドライバーでスカイスポーツのコメンテーターに転向したジェンソン・バトンは、ミック・シューマッハの車が完全に停止するのではなく、車が移動して衝撃を分散させたことが怪我を防いだと説明した。

「昨年、僕たち全員が、それがストリートサーキットとしては信じられないほど速いサーキットであることを知っていたと思う。コンクリートのバリアは、タイヤバリアよりもヒットするとはるかに厳しい」とジェンソン・バトンはコメント。

「人々はおそらく『彼がウォールにぶつかったところにタイヤがないのはなぜか』と言うだろうけど、車を止めるには速すぎる。Gフォースで屋根を通り抜けてノックアウトすることを望まないだろう」

「コンクリートのバリアが必要ですが、変更する必要があるのはバリアの角度かもしれない。でも、見てみると、彼がバリアにぶつかったのはほんの一瞬だだった」

「彼はコントロールを失ってすぐに壁にぶつかった、ブレーキを踏んで、ロックアップした直後に壁にぶつかった。これは、これらの車がそのセクションをどれだけ速く移動しているかを示している」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / F1サウジアラビアGP