ハースF1のミック・シューマッハ 「経験豊富なリザーブドライバーなど必要ない」
ミック・シューマッハは、ハースF1が2022年にマシン開発を推し進めるために経験豊富なリザーブドライバーを雇う必要があるとは考えていない。

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ロシアGPの週末に、新人のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンにベテランが情報を提供することでチームが恩恵を受ける可能性があると語った。

ギュンター・シュタイナーは、現在のラインナップでは、ハースF1はスピードとフィードバックを判断するための良い基準点を欠いていると考えている。
しかし、ミック・シューマッハは、その提案に懐疑的であり、自分とチームメイトであるニキータ・マゼピンの両方がハースF1が必要とするすべてを提供していると考えている。

インプットを提供するために経験豊富なリザーブドライバーを起用することに価値はあるかと質問されたミック・シューマッハは「正直なところ、僕たちはマシンを最大限に活用していると思う」とコメント。

「その必要性はないと思う。特にリザーブドライバーがあまり運転できないことを知っているならね」

「もちrん、それがどうなるかはわからないけど、僕たちは最善を尽くしていると思うし、いくつかの予選ではマシンから最大限の力を引き出すことができていたと思う」

ミック・シューマッハのチームメイトであるニキータ・マゼピンは、このアイデアに対してどちらかと言えばオープンであり、チームのマネジメントによって完全に決定されるべきものであると考えている。

「チーム内でその質問をされたことは一度もない」とニキータ・マゼピンは説明した。

「ドライバーがそれを選択できるとは思わないし、それが正しいとは思わない。でも、もし尋ねられたら、僕たちが今いる立場でもっと助けを借りられるることは良い助けになると思う。僕はどんな解決策にも非常にオープンだ」

「でも、チームのボスはギュンターであり、彼が最終的にこれらの決定を下す必要があると思う。僕ではない。僕はそれには若すぎる」

ギュンター・シュタイナーは、リザーブドライバーを起用するかどうかは冬に決定すると繰り返しており、金曜日の走行制限にも対処する必要がある。

来年のルールは、例えば、2つのグランプリでルーキードライバーを走らせることが義務付けられる予定であり、リザーブドライバーを走らせれば、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンが走行する機会をさらに制限することになる。

「シーズンの終わりに誰かが必要だと感じたら、それがどうなるかを見ていく」とギュンター・シュタイナーは説明した。

「我々はまだリファレンスドライバーを探してはいない。それが我々をより良くするのに役立つだと感じるならば、その決定は年末に行われる」

「だが、当然ながら、リファレンスドライバーや経験豊富なドライバーを入れると、最近はテストをやりたいように自由にできないため、若い男たちはマシンを運転できずにトラックタイムを失うという問題がある」

「したがって、比較検討しなければならないあらゆる長所と短所がある、そして、それは私が洗いざらい話していることでもある。可能性はあるが、決定は下されていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース