ミック・シューマッハ、2022年にアルファロメオF1移籍の噂
ミック・シューマッハに2022年にアルファロメオF1移籍の噂が浮上している。

1990年代にベネトンでミハエル・シューマッハのチームメイトを務めた後、家族と友人になったヨス・フェルスタッペンは、22歳のミック・シューマッハがルーキーシーズンで良いパフォーマンスをみせていると語る。

「ミックは運転が難しいクルマで良い仕事をしている」とチャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンの父である49歳のヨス・フェルスタッペンは Sport1 に語った。

「彼は今年学んでいき、来年は新車が出てくる。我々は彼に時間を与えなければならない」

昨年、ミック・シューマッハがハースF1と契約する前に、フェラーリのもうひとつのサテライトチームであるアルファロメオとより強く結びつけられていた。

それらの噂は今戻ってきている。しかし、ミック・シューマッハは彼が前もって計画するよりむしろ“今この場”を生きていると主張する。

「来年何が起こるかはあまり考えていない。どうなるか見てみよう」とミック・シューマッハは語った。

しかし、ヨス・フェルスタッペンは、ミック・シューマッハにとってハースF1の方が2022年に良い場所になる可能性があると考えている。

「来年はフェラーリからのサポートが増えると思う。舞台裏でハードワークが行われると信じている」とヨス・フェルスタッペンは語った。

「すでにハースで彼はマゼピンよりも優れており、スピンが少なく、彼の方がプレッシャーに対処するのが上手だ」

ヨス・フェルスタッペンは、数年前にミック・シューマッハの将来についてアドバイスを提供したことを明らかにした。

「F4での最初の年の後にコリーナ(シューマッハ)に会い、彼女は私にどのチームに行くべきか尋ねてきた。私は彼にプレマに行くように言った。彼らは当時のF4とF3ではベストだったからね」

「そしてそれが彼らがしたことだ」

今のミック・シューマッハへのアドバイスについては「1年後に何が起こるか成り行きを見るのがいいだろう」とヨス・フェルスタッペンは答えた。

また、自分の息子マックス・フェルスタッペンについて2021年シーズンの残りの期間、チャンピオンシップのリードを維持する準備ができていると語った。

そして、マックス・フェルスタッペンの新しいチームメイトであるセルジオ・ペレスについて質問されたヨス・フェルスタッペンは「マックスとチェコのコラボレーションは非常にうまくいっている」と答えた

「ペレスはマックスをもっと助けるために予選を改善する必要がある。ペレスにはまだ弱点があるが、基本的に彼は仕事をうまくやっている」と付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / アルファロメオ・レーシング