F1 ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ
ミック・シューマッハは、7度のF1ワールドチャンピオンである父親のミハエル・シューマッハと比較されることを“とても誇りに思う”と語った。

2013年のスキー事故で頭部に重傷を負って以来、ミハエル・シューマッハについてのニュースはほとんど公表されていないが、息子のミック・シューマッハが変わりに注目を集めている。

昨年、ヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得したミック・シューマッハは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーと契約し、今年はプレマ・レーシングからF2に参戦する。

ミック・シューマッハを父親と比較されることが多いが「父と比較されることが問題になったことはない」とミック・シューマッハは BBC にコメント。

「F1史上最高のドライバーと比較されることは達成したい目標だ。僕のアイドルだからね。父は非常に特別だ」

「彼と比較されることを光栄に感じている。とにかく学んで、改善したいと思っているからね」

ミック・シューマッハは、フェラーリから多くのことを学ぶことができると考えている。

「フェラーリは多くの経験を持っているので、とても多くのことを学べると思っている。自分にできる最大限を達成するために彼らと仕事をしたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ