ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ベルギーグランプリ
ミック・シューマッハは、父であるミハエル・シューマッハのF1初勝利から25周年を祝ってF1ベルギーGPのレース前に父のベネトン B194でデモ走行を行う。

シュマッハ親子のマネージャーであり、シューマッハ家の広報を務めるザビーネ・ケームは、ミック・シューマッハ(18歳)がスパ・フランコルシャンでの日曜日のレース前にデモ走行を行うことを Reuters に語った。

ザビーネ・ケームは、実際にミハエル・シューマッハが初勝利を挙げた1992年のベネトン B192はメカニカル面と保険の問題でデモ走行に使用することは不可能だが、1994年に初のワールドチャンピオンを獲得したベネトン B194は走行可能であり、木曜日にケルンにある博物館からスパに輸送されると述べた。

スパ・フランコルシャンは、7度のワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハにとって特別な場所。1992年の8月30日に同サーキットでキャリア91勝の最初の勝利を記録している。1991年にミハエル・シューマッハがジョーダンでF1デビューを飾ったのもスパ・フランコルシャン。F1ベルギーGPでは6勝を挙げている。

ミハエル・シューマッハは、1994年と1995年にベネトンでワールドチャンピオンを獲得。その後、2000年から2004年までフェラーリでタイトルを5連覇している。その後、2006年に一度F1を引退した後、2010年にメルセデスで復帰を果たし、2012年までF1を戦った。

ミハエル・シューマッハは2013年12月にスキー事故で頭部に重傷を負った。2014年に退院して以降、スイスの自宅でリハビリを続けているが、容体についてはベールに包まれている。

ミハエル・シューマッハの個人マネージャーを務めるザビーネ・ケームは「ミハエルは常にパブリックとプライベートとの間に明確に線引きをしてきましたし、それは常にファンとミディアに受け入れられてきました。彼のプライバシーをパブリックから守るという決定は、ミハエルの権利として下されました」と述べた。

事故当時、14歳だったミック・シューマッハは、父と一緒にその場にいた。それ以降、ミック・シューマッハは、モータースポーツでのキャリアを本格的にスタートしている。今年、ヨーロッパF3選手権に参戦し、11位につけている。今回のデモ走行に先駆けて、すでに今月9日にB194で極秘テストを行ったことが報じられている。

ちなみに今週末のF1ベルギーGPでは、ミハエル・シューマッハに関連したもうひとつの記録もかかっている。現在、67回のポールポジションを記録しているメルセデスのルイス・ハミルトンが、ミハエル・シューマッハの持つポールポジション記録である68回に挑む。

ミハエル・シューマッハ 1992年 F1ベルギーGPミハエル・シューマッハ F1初優勝 (1992年 F1ベルギーGP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | F1ベルギーGP