ミック・シューマッハの2021年11月のF1情報を一覧表示します。

ミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」

2021年11月30日
ハースF1のミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」
ミック・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルがF1についてのすべての質問に答えてくれたことで、政治的なミスを犯すことを避けることができたと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ハースF1のルーキーであるミック・シューマッハのメンターの役割を果たしており、F1パドックのライバルチームのドライバー間でパドックで最も友好的なペアとして確立されている。

セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ、ROCで再タッグ

2021年11月25日
F1:セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ、ROCで再タッグ
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとハースF1のルーキーであるミック・シューマッハは、2022年2月5~6日にスウェーデンで開催される2022年のレース・オブ・チャンピオンズでチーム・ドイツとして再びタッグを組むことが発表された。

セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハは、2019年にメキシコで開催されたレース・オブ・チャンピオンでタッグを組んでいる。

ミック・シューマッハ 「今のフェラーリF1の“Bチーム”はハース」

2021年11月20日
ミック・シューマッハ 「今のフェラーリF1の“Bチーム”はハース」
ハースF1は急速にF1で“フェラーリのBチーム”になりつつある。そう主張する現在のハースのF1ドライバーであり、フェラーリの“アカデミー”所属ドライバーで7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハだ。

ハースF1は、今シーズン本当に苦戦を強いられているが、それはチームが来季の次世代F1マシンに焦点を当てているため、2021年マシンはほぼ開発されておらず、基本的に2022年マシンで戦っているからでもある。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム