ミシュラン
ミシュランは、F1とピレリのタイヤ供給契約が終了した際にF1へ復帰する準備ができていることを明らかにした。

ミシュランは、F1が2008年から単独サプライヤーを採用する動きに不満を抱き、5年間F1にタイヤを供給した後、2006年末にF1を去った。

その後、ブリヂストンがタイヤを供給し、2011年からピレリへと変更。ピレリの契約は2016年末までとなっている。

来年上旬に開始される入札について、ミシュランのモータースポーツディレクターを務めるパスカル・クアスノンは「もちろんだ。我々は復帰に対して完全にオープンだ。だが、F1はいくつかの細かな状況について、その技術的な規約を改めなければならない」とコメント。

「タイヤは再び技術課題になるべきであり、ただのショーをスペクタクルにするツールであるべきではない」

「ミシュランは、F1に戻るためにいくつか細かな条件を提案した」

「我々は18インチタイヤを望んでいる。それはすでにフォーミュラEで使用しており、まもなく他のシリーズでも使用される」

「F1が我々の提案を検討したいのであれば、我々はここにいる。完全にオープンであり、復帰について強い意志を持っている」

「その代わり、かれれ画今の状況を維持する見通してあれば、それはそれで、我々は関心を持たない」

「F1タイヤサプライヤーの次の入札で、我々が提案してもいいだろう?」

「それを受け入れるかどうかは、バーニー・エクレストン、もしくはFIAの問題だ」

現在、ミシュランは“単独サプライヤーとしての独占体制でタイヤを供給すること”にオープンだとパスカル・クアスノンは述べた。

ブリヂストンの持ちの良いタイヤはF1を退屈なレースにしたと考えられ、ピレリはF1に参加する際、複数のピットストップを生み出すデグラデーションの高いタイヤを製造した。

ピレリはその条件を満たしたが、結果として、ドライバーは限界までタイヤをプッシュすることができず、タイヤをセーブすることを強いられた。

現在のF1タイヤの気に入らない点について質問されたパスカル・クアスノンは「タイヤは安定したパフォーマンスとグリップレベルを提供するべきだ」とコメント。

「数週後にドライバーが『ストーダウンする必要がある。そうでなければタイヤが持たない』というのは普通ではない」

「それは起こるべきではない。最近のF1ドライバーは、彼らの才能を示すことができない。タイヤがそれを許さない」

「スパ24時間のGTレースでも、いくつかのタイヤは2連続スティントをすることさえできなかった」

「これは単独サプライヤー政権で、改善するモチベーションがないときに起こるものだ。それは技術ではなく、平凡と呼ばれている。

「代わりに、技術的に面白いルールブックがあれば、単独サプライヤーであっても、最高のレベルでプロダクトを供給せざると得なくなる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミシュラン