メルセデスF1代表トト・ヴォルフ、予算上限論争に備えてF1日本GPの欠席計画を撤回?
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今週末のF1日本GPを欠席するという意図を破棄するかもしれない。

先週末のF1シンガポールGPで、トト・ヴォルグは、これまで以上に長いF1カレンダーのため、いくつかのF1レースを欠席する計画があることを明らかにした。

「いくつかのレースをスキップし始める。チーム全体で検討する必要がある」とトト・ヴォルフは記者団に語った。

トト・ヴォルフの決定に対する注目すべき批判はない。実際、ほとんどの専門家は、来年24戦にまで拡大する予定のF1カレンダーは「持続不可能」であるというヴォルフの意見に同意している。

「24レースは必要ない」と元ドライバーのクリスチャン・ダナーは今週Servus TVに語った。

「2週間ごとにレースがあるときはそれを楽しみにするものだ。だが、今ではいつも「何、またレース? 彼らは本当にまたレースをしてするのか?』という感じだ」

「誰がそれを望んでいるのか? もちろん権利所有者だ。すべてのイベントは彼らにとって現金を意味する」

トト・ヴォルフは、ヨーロッパ人にとって奇妙なタイムゾーンのためF1日本GPを欠席するグランプリを賢明に選択したが、実際には鈴鹿サーキットに向かう可能性がある。

それは、FIA(国際自動車連盟)が水曜日にコンプライアンス「証明書」を発行した後、レッドブルの予算上限違反の疑いに関する論争がパドックで再び爆発する可能性があるだ。

結果がすぐに公開されることは期待されていないが、新しいリークによると、レッドブルの違反が軽微であると見なされることがすでに示唆されている。

元レッドブルのドライバーのマーク・ウェバーは「アブダビが再び現れたようなものだ」とChannel 4に語った。

「昨年、何が危機に瀕していたかを知っていますよね? そう、野党チームはここに何かがあるかもしれないと馬に乗って猛烈に挑戦しようとしている」

「クリスチャン(ホーナー)のコメントを支持するのはFIA次第だ。彼は、彼らがお門違いの非難している言っているからね」

しかし、2021年のワールドチャンピオンシップからの完全な追放を含む厳しい罰則が、レッドブルの可能性のある結果であると主張する人もいる。

「それは大きなスキャンダルになるだろう」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは Bild 紙に語った。

「必要に応じて法的措置を取る」

マックス・フェルスタッペンのタイミングも悪くはありません。今週末、ホンダの本拠地で 2 年連続のドライバーズ タイトルを獲得する可能性が非常に現実的だからだ。

「噂は聞いていない」とマックス・フェルスタッペンは Sky Italia に語った。

「チームが正しいことをしたと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1日本GP