メルセデスF1代表 「アウディはアンドレッティよりもF1に価値をもたらす」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1への参入に対するアウディの関心は、グランプリレースに価値をもたらす可能性があるため、F1グリッドを11チームに拡大することを正当化すると考えている.

米国のレーシング界の重鎮であるマイケル・アンドレッティは、複数のシリーズの運営をF1に拡大しようとしているが、既存の10チームのほとんどから激しい抵抗を受けている。

懸念するF1チームは、賞金を新規参入チームと共有しなければならないことにうんざりしており、現在の2億ドルの希薄化基金は十分ではないと感じている。F1エントリーを所有する価値は、その世界的な関心の高まりと新たに実施された予算上限のために大幅に増加しているためだ。

しかし、アウディがF1参戦に関心を示している中で、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、アウディのメーカーとしての規模とマーケティング力を考えれば、アンドレッティがインディカー、フォーミュラE、エクストリームE、オーストラリアのスーパーカーで活躍する世界的な大国になっているとしても、アウディの方が11番目の参加者としてふさわしいと考えている。

アンドレッティのF1チームの状況に関する不確実性に照らして、アウディからの新しいエントリーが既存のチームの見方を変えるかどうかを質問されたトト・ヴォルフは「11番目のチームとして参加する人は誰でも、エントリーを得る人は誰でも、彼らがビジネスのためにどれほど創造的であることができるかを示す必要があると思う」とコメント。

「アンドレッティは偉大な名前であり、彼らは米国で並外れたことを成し遂げたと思う。しかし、これはスポーツであり、これはビジネスであり、我々はスポーツに何を提供できるかを理解する必要がある」

「そして、OEMや国際的な多国籍グループがF1に参加し、さまざまな市場での活性化やマーケティングにXドルを費やすことを証明できれば、それは明らかに他のすべてのチームにとってまったく異なる価値提案だ」

トト・ヴォルフは、F1は今後数年にわたってその価値を高め続けたいと考えており、新規参入者はそのプロセスに貢献しなければならないと考えている。

「我々は10のフランチャイズで価値を高められることを望んでおり、F1の全体的な価値を高めることができない人々に新しいフランチャイズを発行するだけでは、価値を高めることはできない」とトト・ヴォルフは付け加えた。

アウディに加えて、フォルクスワーゲン・グループの姉妹ブランドであるポルシェは、F1の新しいエンジンレギュレーションが適用される 2026年から、レッドブル・レーシングとの重要な株式保有およびF1パワーユニット供給契約にほぼ合意している。

一方、レッドブルの現在のエンジンパートナーであるホンダは正式にF1から離れたが、2025年までレッドブルF1に技術サポートを提供する延長契約を結んでおり、F1が持続可能な燃料と簡素化されたハイブリッドシステムにシフトすることで、2026年の再参入を検討しているとされている。

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / アウディ / アンドレッティ