メルセデスF1、冷却ベントを備えた新型ノーズを投入 / F1フランスGP
メルセデスF1は、2022年F1第12戦フランスグランプリに新しい空力アップグレードを持ち込んでおり、その一部が週末を前に明らかになった。

メルセデスF1は、競争力を向上させ、最近のパフォーマンスの上昇に基づいて構築するために、今週末、W13にさらなる新しいパーツをもたらしている。

2022年シーズンの非常に困難なスタートの後、メルセデスF1は、アップデートされた空力パッケージを導入したことで、ルイス・ハミルトンが優勝争いに近づいたイギリスグランプリを含め、4回連続で表彰台を獲得している。

木曜日にポール・リカールのピットレーンで撮影された画像から、メルセデスF1の最新のアップグレードの最初の要素の1つが明らかになった。これには、ドライバー用の追加の冷却ベントを備えた形状変更されたノーズが含まれている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1フランスグランプリに先立ち、ライバルのフェラーリとレッドブルとのギャップをさらに埋めるためにチームがポール・リカールにアップデートをもたらすことを確認した。

「オーストリアでの3位と4位は、特に金曜日の午後のポジションを考えると、チーム全体にとって満足のいく結果だった」とトト・ヴォルフはコメント。

「チームはスプリントとグランプリに向けて2台の完全なレースカーを準備するという奇跡を起こした。日曜日の27ポイントは、その努力に対する良い報酬だった」

「我々は最初の7レースで3回の表彰台を獲得し、最後の4レースで4回の表彰台を獲得した。我々が構築している勢いに満足しており、それはチームの巨大な努力を反映している。W13に対する我々の理解は、ラップごとに高まっており、それが我々の開発と結果に反映されているのを見るのは心強いことだ」

「オーストリアでは速かったものの、フロントに挑戦するほどの速さではなかった。我々はこれらの最後のコンマ1秒を追い続け、今週末のフランスを含め、車に新たな開発をもたらす必要がある」

「ポール・リカールは非常に異なるトラックと挑戦です。スムーズなターマックと幅広いコーナータイプ、そして、ロングストレートがある。目標は、フロントとのギャップをさらに縮め、うまくいけば表彰台に戻ることだ」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1フランスGP