メルセデスF1 「スプリントでも車を壊したら決勝出場は危うかった」
メルセデスF1チームは、F1オーストリアグランプリの予選での2台のクラッシュによって引き起こされたダメージの範囲を明らかにした。それは彼らの残りの週末の危うくしていた。

ルイス・ハミルトンは、金曜日にレッドブルリンクでのW13でトップ3の可能性を感じており、予選パフォーマンスは、その目的を達成するために争っていたことを示唆していた。

だが、それはQ3までであり、ルイス・ハミルトンはバリアに激しく衝突し、セッションが再開された直後にはチームメイトのジョージ・ラッセルもクラッシュを喫した。

クラッシュの後、ルイス・ハミルトンはシャシーを交換することを余儀なくされ、両方の車の修理作業はさらに長くなった。

メルセデスF1チームのオーストリアグランプリのデブリーフィングビデオで、テクニカルディレクターのマイク・エリオットは「2台の車がクラッシュするると、それ以降は常に非常に困難な週末になる」と語った。

「車にかなりのダメージを負った。両方のフロアが壊れ、両方のリアウィングが壊れ、サスペンションもかなり損傷していた。ルイスの車では、フロントウィングも損傷し、シャシーも外観上にいくつかのダメージを負った。修理することはできても週末には修理できない損傷だった。つまり、土曜日の朝、我々はルイスの車をゼロから完全に再構築しなければならなかった」

「そのため、車はゼロから構築する必要があり、エンジン、ギアボックス、すべてのサスペンション、シャシーの周りにボルトで固定されているすべての種類の車のシステムを取り付け、すべてを配置する必要があった」

「メカニックは土曜日の朝に3時間半でそれを行うことができた。これは驚くべき成果であり、実際に私たちをFP2に戻したことは彼らの功績だ」

「そしてFP2に出ていくことのメリットは、ルイスの車のセットアップが正しく、バランスが正しく、スプリントに間に合うように彼が車に満足していることを実際に確認できることだった」

だが、この時点で、スペアパーツの不足がメルセデスF1にとって大きな問題になった。

予備のフロアとリアウィングが1つしかなかったため、メルセデスF1はクラッシュに関与したパーツの回収可能な部分から別のフロアを作成する必要があった。一方、リアウィングは、スプリントを9番手からスタートしてパックを通過するのを助けるためにルイス・ハミルトンに渡された。

そのため、ジョージ・・ラッセルはレッドブルリンクに最適ではないリアウィングで走ることになった。

「それはた、2台のうち1台のフロアを構築しようとすることを意味した」とエリオットは続けました。

「装着できる完全なスペアは1つしかなかったので、別のフロアを構築するために、クラッシュした2つのフロアを最大限に活用する必要があった」

「また、ルイスの車にフィットすることを選択した完全なスペアリアウィングが1つしかなかったため、ジョージのリアウィングを妥協したことを意味した。おそらく理想的なレベルのダウンフォースではなかったし、あのサーキットには少し大きすぎるダウンフォースでした。

「車を再構築した後、セットアップを再度ダイヤルする必要があった。FP2でそれを行う時間は非常に限られており、それは常に別の妥協点となった。最終的に金曜日に2台の車にひどいダメージを負ったことで、ドライバーはスプリントレースでダメージを負った場合、日曜日にはレースできなかった可能性があるポジションにいた」

「したがって、それらすべてを考慮に入れる必要があり、その種のすべてが週末に妥協を強いた」

ルイス・ハミルトンは挽回して3位表彰台を獲得し、3戦連続で表彰台を獲得。ジョージ・ラッセルのレースは1周目のセルジオ・ペレスとの衝突とその結果としての5秒のペナルティによって妨げられたが、それでも4位でチェッカーを受けた。

マイク・エリオットは、Q3で両方のドライバーがクラッシュした理由について考えられる理由を追加し、グランプリでの表彰台と4位は、メルセデスF1がフロントに「一歩前進し始めている」ことを示したと付け加えた。

「金曜日を見れば、我々は自分たちのペースに勇気づけられたと思う。予選では、最近のレースでは見られなかったグリッドの最前列に立つチャンスがあったと思うし、さまざまな予選セッションを行っていたと思う」

おそらくそれが両方の車が2つの事故に終わった理由だ。ドライバーは車の中でその余分な少しを見つけようとしていて、グリッドのフロントローに自分自身を置こうとしていた。車には潜在的にそのペースがあったと信じている」

「我々はフロントで戦いたい、可能な限り最速のクルマににしたいと思っている。このようなサーキットでは、我々にとって良い結果だったと思うし、車に持ち込んだものが、我々が望んでいるステップを果たし始めていることを示している」こののようなステップを続け、すべてのレースでフロントで競争できる位置に身を置くことができることを願っている」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1オーストリアGP