メルセデスGP
メルセデスGPのスタッフはW01をよりミハエル・シューマッハ好みのクルマに仕上げるためにバーレーンGPから懸命に取り組んでいる。

ミハエル・シューマッハは、W01のアンダーステア傾向を気に入っていないと報じられている。

「新車を造ることはできないけど、僕たちは風洞でそれに取り組むことができる」とミハエル・シューマッハはW01について述べている。

スイスの解説者マルク・スレールは、ミハエル・シューマッハがクルマを出来るだけ早く“彼の望み”通りにするために“あらゆること”を行っていくだろうと語る。

「しかし、望み通りになるまでは、彼はドライビングスタイルを適応させなければならない」

メルセデスGPは、クルマがまだレースに勝つ準備ができていないことを認めている。

ノルベルト・ハウグは「ベースは良い。チームは次の開発ステプを成し遂げるために懸命に取り組んでいる」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | ミハエル・シューマッハ