メルセデスF1 「アンドレッティはまだF1参入に値することを実証してない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルグは、マイケル・アンドレッティが参入を目指すF1チームが、既存の10チームに経済的な打撃を与える可能性があることを理由に、F1への参入を許可すべきか確信できていないと語る。

マイケル・アンドレッティの父親であるマリオ・アンドレッティは、今年2月に『アンドレッティ・グローバル』が2024年シーズンからのF1エントリーをFIA(国際自動車連盟)に申請したことを明らかにした。

その後、将来のF1チームは「リソースを持っており、すべてのボックスをチェックしている」とマリオ・アンドレッティは主張した。

アンドレッティ・グローバルは、英国を拠点とする予定であり、今後、アンドレッティの名前でF2とF3のチームを設立する計画もあると述べた。

F1のコンコルド協定の条件に基づき、 F1への新規参入者は、追加のチームがスポーツの賞金を共有することになることを補うために、既存の10チームに分配される2億ドルの希釈防止料金を支払う必要がある。

マリオ・アンドレッティは、アンドレッティとしてそのような料金を喜んで支払うことができると主張してしているが、トト・ヴォルフは、F1に付加価値を与え続けられることをオペレーションが示す必要があると述べている。

「アメリカ人ドライバーとアメリカチームがあれば、それは非常に有益だと確信している」とトト・ヴォルフはRacingNews365.comを含むメディアに語った。

「しかし、今日現在10のエントリーがあり、賞金はそれらの10のエントリーに分配されている」。

「我々は過去10年間でかなりの金額を投資してきた。ここで表彰台に立っている各組織は、おそらく何年にもわたってF1プロジェクトに10億以上を投入しているので、それを増やす必要がある」

「チームが参加した場合、実際の費用よりも多くのお金をもたらすことをどのように証明できまるか? 11番目のチームは他のすべての人にとって10%の希薄化を意味する」

「それを実証できれば、我々は皆、テーブルに座ってそのようなエントリーを応援するべきだが、それはまだ実証されていない」

「数字にすれば少し辛口に聞こえるかもしれないが、F1の価値はフランチャイズの数が限られていることにあり、チームを追加してその価値を薄めたくはない」

マクラーレンのCEOでアンドレッティと同じアメリカ人であるザク・ブラウンは、よりポジティブな口調で語る。

「私はトトに同意する。10の素晴らしいチームがあり、11番目と12番目のチームはスポーツに付加価値を与える必要がある」とザク・ブラウンは語り始めた。

「明らかに、アンドレッティの名前はF1やさまざまな形のモータースポーツで大きな歴史を持っており、多くの価値をもたらすと思う」

「スポーツの構築を支援するチームである限りはね。過去数年で見てきたような1、2、3年で出たり入ったりしてきた他のエントリーとは異なる。そのようなチームを受け入れることはできないと思う」

「しかし、信頼できるブランドと適切なリソースを備えた非常に信頼できるレーシングチームは、スポーツに付加的であると思う。マイケルはそれをまとめているようだ。したがって、それに基づいて、我々は協力的だ」

アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシもアンドレッティのエントリーを支持している。マリオ・アンドレッティは、アルピーヌの親会社であるルノーが製造したF1エンジンを稼働させる契約に合意したと語っている。。

「私はとても好意的です。マイケルとも話をした」とローラン・ロッシは付け加えた。

「それは米国での拡大に従っており、ショーに貢献すると思う。アメリカのチームは、米国への関心、ひいては収益を直接生み出すだろう」

「我々はトトが言及していた希薄化を補うのに十分であることを実証する必要がある」

「直観的にそうなると思うが、きちんと仕事をしよう。そうすればわかることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / アンドレッティ