メルセデスF1代表 「ハミルトンが引退すればF1全体にとって汚点となる」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが引退することになれば、それはF1全体にとって非難されるべき汚点となるだろうと語る。

ルイス・ハミルトンは、同ポイントで迎えた最終戦F1アブダビGPのファイナルラップの物議を醸すリスタートでマックス・フェルスタッペンに抜かれ、記録的な8回目のF1タイトルを逃した。

セーフティカー中、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間にいたマシンにのみアンラップすることが許され、その直後のファイナルラップでレースは再開。セーフティカー中にピットインして新品のソフトタイヤを装着したマックス・フェルスタッペンがそのアドバンテージを生かして自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

メルセデスF1は、プロトコルが正しく守られていないと信じており、F1レースディレクターであるマイケル・マシがセーフティカーのリスタート手順を処理した方法に不満を抱いている。

ルイス・ハミルトンは、レース後の表彰台インタビューに短く答えた後、メディアに沈黙を保っており、ソーシャルメディアも投稿していた。それによって、ハミルトンがF1を引退するとの噂が渦巻いている。

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンが2022年のF1グリッドに並ぶ断言しないでいる。

「また彼に会えることを本当に望んでいる」とトト・ヴォルフはKronenZeitungに語った

「彼は我々のスポーツの最も重要な部分だ。最高のドライバーがとんでもない決定のために辞めることを決定した場合、それはフォーミュラ1全体の非難されるべき汚点となるだろう」

「彼が直面したハードルに関係なく、彼は自分の人生のすべてをレーストラックで方らなければならないことを知っている」

「しかし、彼が正しいことと間違っていることを理解する方法を見つけるのは、彼にとっては信じられないほど難しいことだ。とにかく時間がかかることだ」

「我々はこれから結論を導き出し、コース上で正しい答えを出したいと思っている。それは新しいレギュレーションでは十分に難しいことだ」

FIA(国際自動車連盟)は、F1アブダビGPの最終ラップの詳細な分析を開始しているが、調査結果は3月の新シーズン開幕まで発表されない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス