メルセデスF1、フェルスタッペンがハミルトンのウイングを損傷させたと主張? / F1ブラジルGP 予選
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1はマックス・フェルスタッペンが予選後のパルクフェルメでルイス・ハミルトンのリアウイングを損傷させたと主張していると語る。

ルイス・ハミルトンは、金曜日のF1ブラジルGPの予選セッションの後、DRSの車両規定違反の可能性についてスチュワードに召喚され、最終的な審理は土曜日の朝に延期された。

一方、マックス・フェルスタッペンは、ファンが撮影した映像で、予選後にルイス・ハミルトンのマシンのリアウイングに触れていることが示されたことで、パルクフェルメ規則に関連するFIA国際スポーツコード違反の疑いでスチュワードに召喚されている。

現在、二人は裁定を待っているが、ヘルムート・マルコはメルセデスF1がマックス・フェルスタッペンとレッドブルにテーブルを回したと語る。

「信じられないことは、メルセデスはマックスがハミルトンのリアウイングを指で傷つけたと主張している」とヘルムート・マルコは  F1-Insider に語った。

それぞれの審議は最初は別々のように見えたが、メルセデスがルイス・ハミルトンの後部翼に関するヒアリングの証拠としてマックス・フェルスタッペンの行動を使用するかどうかについての憶測があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / F1ブラジルGP / マックス・フェルスタッペン