メルセデスF1、アルボンとウィリアムズの契約に厳格な機密保持条項
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスのF1パワーユニットの知的財産権を保護するため、2022年のアレクサンダー・アルボンのウィリアムズとの契約には“非常に厳格で明確”な機密保持条項が盛り込まれていると述べた。

先週、ウィリアムズF1は、2022年のドライバーとして、ニコラス・ラティフィの残留とともに、新たに今季のレッドブルのリザーブドライバーであるアレクサンダー・アルボンと契約したことを発表した。

以前、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、レッドブルと提携しているドライバーをメルセデスのカスタマーチームに乗せることは“トリッキー”だと語っている。特にレッドブルは、2022年からパワーユニットメーカーとしてもライバルとなる。

したがって、トト・ヴォルフは、メルセデスがウィリアムズでアレクサンダー・アルボンと仕事をするためには、レッドブルは契約からリリースする必要があると語っていた。

レッドブルは、ウィリアムズとの契約発表後、アレクサンダー・アルボンをリリースしたことを明らかにしたが、「将来の選択肢」としての関係を維持していることを明らかにしている。

トト・ヴォルフは、ウィリアムズがアレクサンダー・アルボンと契約するという決定に不満はないと述べ、メルセデスのF1パワーユニットの知的財産権を保護するためにアルボンのドライバー契約には機密保持条項が持ち込まれていることを明らかにした。

「我々は常にチームのドライバーを選ぶ権限を尊重していた」とトト・ヴォルフは語った。

「私はウィリアムズにいた。そして、私は誰も我々のドライバーの決定に干渉することを望んでいなかった。そして、同じように、ドライバーに関するチームの決定に干渉するのは正しいとは思わっておらず、我々には、利用できる契約上の権利はない」

「我々にとって重要だったのは、別のパワーユニットメーカーのドライバーがチームに参加した場合、非常に厳格で明確な知的財産権の機密保持条項が存在することだ」

「それは常にウィリアムズと非常に調和していた。彼らは我々がどこから来たのか、そして、何を守ることが重要かを正確に知っている」

トト・ヴォルフは、メルセデスがアレクサンダー・アルボンの契約で必要な条項を“完全”に確保しているとし、「彼は基本的に次の12か月間はウィリアムズのドライバーだ。 その間、彼はレッドブルとのつながりはない」と付け加えた。

レッドブルチームのプリンシパルであるクリスチャンホーナーは、ウィリアムズが2022年のアルボンの優先チームであり、アルファロメオからも関心を集めていることを以前に明らかにし、反対方向にも「強い欲求」があると述べました。

クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンの将来をめぐる関係者間の“ストレート”な議論を称賛ている。

「ウィリアムズは鋭い欲求を持っていたし、それは常に良いスターティングポイントだった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「途中でいくつかの小さな障害があったが、彼らとの取引は非常にストレートだったと言わなければならない。すべての人にとって良い結果が得られたことをうれしく思う」

トト・ヴォルフは、アレクサンダー・アルボンがF1復帰を確保したことを支持していると語る。

「正直なところ、アレックス・アルボンに関しては私の仕事ではないが、完全に協力的だ」とトト・ヴォルフは語った。

「彼はF1に参加するに値する。彼は素晴らしい男だ。彼がマシンに乗ることを嬉しく思う」

「彼はそこにいる。アルファタウリやレッドブルに居場所を見つけることはできなかったが、彼は今、ウィリアムズにいて、うまくいけば長い間そこにとどまるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / レッドブル / アレクサンダー・アルボン