メルセデスF1代表、接触のフェルスタッペンを非難「戦術的なファウル」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1イタリアGPでルイス・ハミルトンとクラッシュしたマックス・フェルスタッペンの接触を“戦術的なファウル”だと呼び、責任は完全にフェルスタッペンにあると批判した。

ピットストップでタイヤ交換に手間取って11秒もタイムをロスしたマックス・フェルスタッペンは、翌周にピットインしたルイス・ハミルトンとターン1で並びかけるが、両者どちらも退かずにそのまま接触。

マックス・フェルスタッペンのマシンは、メルセデスに乗り上げ、ヘイローがルイス・ハミルトンの頭に着地するのを阻止した。

スチュワードはマックス・フェルスタッペンに非があると判断して、次戦F1ロシアGPでの3グリッド降格を言い渡した。トト・ヴォルフも、単純なレーシングインシデントとは言えないと考えており、フェルスタッペンを非難した。

「誰が責任を負うか、または主に責任を負うかを決定するのはスチュワードだ。過去にそれを見たことがある」とトト・ヴォルフはレース後に Sky F1 に語った。

「しかし、あれは・・・サッカーでは、戦術的なファウルと呼ぶだろう。彼はおそらくルイスが前に出れば、それが彼にとってのレース勝利であることを知っていたのだろう」

「フェルスタッペンが彼と並んでいたようには見えない。ソーセージ縁石を乗り越えていた。だが、スペースが残っておらず、実際にコースから追い出された1周目のターン4でのルイスが言ったことと比較してみよう」

「しかし、スチュワードに判断を任せよう。ある同僚のように豹になりたくはない」

「あの段階では、ハミルトンはインサイドにいて、フェルスタッペンはソーセージ縁石を外れて、彼に飛び込んできたと思う」

1周目では、マックス・フェルスタッペンが2番目のシケインでメルセデスからの攻撃を防御し、両者は軽く接触してハミルトンが回避行動をとっていた。

トト・ヴォルフは、再び事故が発生する前に、2人の間のタイトルバトルで線が引かれることを望んでいる。

「1周目のターン4を見ると、ハミルトンはバックアウトしていたと思う。おそらくフェルスタッペンが前にいることを知っているので、それはかなりのことだった」とトト・ヴォルフは語った。

「それから、彼らが実際に衝突した事件では、あそこで、マックスにとっては、それがクラッシュすることになることは明らかだった」

「我々がそれを正しい方法で管理しない場合、スチュワードはそれを正しい方法で見ると確信している。これは続くだろう」

「シルバーストンで高速クラッシュが発生し、1台のマシンがルイスの頭の上に他の車の上に着陸した。それは、どこまで続くのか? 次回は高速でクラッシュしてお互いに着陸するかもしれない」

「マシンを見ると、ヘイロー全体が損傷していて、ホイールはルイスの頭の上にあった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / F1イタリアGP / マックス・フェルスタッペン