メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、土曜日のスプリント予選の進行状況によってはペースセッターのバルテリ・ボッタスに関して“難しい”チームオーダーを発令しなければならない可能性があることを認める。

バルテリ・ボッタスは、金曜日の予選で最速タイムを記録。30分のスプリント予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンよりも前からレースをスタートする。

しかし、タイトル候補のマックス・フェルスタッペンが3番手からレースをスタートすることもあり、、メルセデスF1はバルテリ・ボッタスにルイス・ハミルトンをスタートで前に出し、レッドブルに対して最大のポイントを獲得し、決勝でのポールポジションを阻止るチャンスをハミルトンに提供するように誘惑する可能性がある。

バルテリ・ボッタスは、予選前に4基目のエンジンを投入したことで、スプリント予選がどのような結果になっても決勝では最後尾に降格するため、日曜日のスターティングポジションとは関係がないことを考えると、このようなシナリオは理にかなっている。

「我々はまだコース上で1番手と2番手に走っている状況ではないので、それについてはまだ話したくない」とトト・ヴォルフはチームオーダーの発令に言及して語った。

「もしそうなった場合、レーサーの観点では非常に難しい決定が議論されることは確かだ。そして、私は自分自身について話しているが、こういったことはどれも好きではない」

「ここの誰もが彼が(そこに)メリットがあることを知っているべきだ。しかし、この場合、バルテリは日曜日にはるか後方に行くので、スタートがどのように展開するかを見る必要がある」

「事前に話し合うことはあまりない。とにかく最初のコーナーで注目していてほしい。そうすれば、それらがどういった状況にいるかがわかるだろう」

現在、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのドライバーズ選手権での差はわずか3ポイントであり、トト・ヴォルフはチャンピオンシップの戦いが非常に厳しいため、「そういったコールをする必要がある」と認める。

バルテリ・ボッタスは、金曜日にコース上で最速の男となったが、トト・ヴォルフは、2022年のアルファロメオ移籍を発表し、将来が明らかになったという事実からも恩恵を受けていると菅賀ている。

「彼は本当に自由だった」とトト・ヴォルフは語った。

「彼はQ3の最初のラップで多くのリスクを冒して少しワイドになり、それから彼は落ち着いた態度で『トウを得ることができれば、0.3秒速く走ることができる』と言っていた。そして、彼はトウを手に入れた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1イタリアGP / バルテリ・ボッタス