メルセデスF1、ハミルトンのエンジン問題は「オイルシステムの異常動作」 / F1オランダGP 金曜フリー走行
メルセデスF1は、F1オランダGPでルイス・ハミルトンの走行を早期に切り上げることになったエンジン問題は“オイルシステムの異常動作”が原因だったと説明した。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、初走行となるザントフォールトでのFP1でトップタイムを記録し、完璧な方法で週末をスタートしていた。

しかし、FP2でルイス・ハミルトンは開始10分でコース上にマシンをストップ。セッションは赤旗中断となった。

メルセデスF1は、故障を調査し、ルイス・ハミルトンのストップの根本的な原因を明らかにした。

「ルイスがセッションを早期に終了した理由は、オイルシステムの異常動作が原因であり、それによってFP2は3周に制限されていました」とメルセデスはセッション後に述べた。

ルイス・ハミルトンは、FP2で貴重な走行時間を失ったことで、“当然ながら劣勢に立たされている”と語ったが、実際、金曜日の両方のセッションで長い遅延が発生したことを彼の停滞を助けている。

FP1では、セバスチャン・ベッテルのエンジン故障によってセッションが33分間にわたって赤旗中断となり、午後のセッションでは、ルイス・ハミルトンの問題に加えて、ニキータ・マゼピンがスピンしてグラベルにはまったことで赤旗が提示された。

したがって、メルセデスのトラックサイド・エンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、全体として全チームのデータが限られていると述べた。

「トリッキーな一日だった。最初のセッションでは赤旗によって多くの走行時間が犠牲になり、その後、ルイスのマシンに問題が発生し、コース上にストップしなければならなかった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「誰もが走行不足に苦しんでいるおり、取り組むための大量のデータがあるわけではない。また、多くのチームがトラフィックによってに低燃料走行で妥協を強いられた。したがって、多くのチームが明日前進することと想定しなければならない。

「我々はターン2~3で少し苦労している。低燃料と高燃料の両方で負けているようだが、今夜はそれを理解する時間が少しある。バランスを改善できる場所は他にもいくつかあるが、全体としてはそれほど遠くないようだ。

「ルイスの走行を少しリカバーする必要はありますが、午前中のセッションでそれを行う時間はある」

しかし、FP2でルイス・ハミルトンは開始10分でコース上にマシンをストップ。セッションは赤旗中断となった。

メルセデスF1は、故障を調査し、ルイス・ハミルトンのストップの根本的な原因を明らかにした。

「ルイスがセッションを早期に終了した理由は、オイルシステムの異常動作が原因であり、それによってFP2は3周に制限されていました」とメルセデスはセッション後に述べた。

ルイス・ハミルトンは、FP2で貴重な走行時間を失ったことで、“当然ながら劣勢に立たされている”と語ったが、実際、金曜日の両方のセッションで長い遅延が発生したことを彼の停滞を助けている。

FP1では、セバスチャン・ベッテルのエンジン故障によってセッションが33分間にわたって赤旗中断となり、午後のセッションでは、ルイス・ハミルトンの問題に加えて、ニキータ・マゼピンがスピンしてグラベルにはまったことで赤旗が提示された。

したがって、メルセデスのトラックサイド・エンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、全体として全チームのデータが限られていると述べた。

「トリッキーな一日だった。最初のセッションでは赤旗によって多くの走行時間が犠牲になり、その後、ルイスのマシンに問題が発生し、コース上にストップしなければならなかった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「誰もが走行不足に苦しんでいるおり、取り組むための大量のデータがあるわけではない。また、多くのチームがトラフィックによってに低燃料走行で妥協を強いられた。したがって、多くのチームが明日前進することと想定しなければならない。

「我々はターン2~3で少し苦労している。低燃料と高燃料の両方で負けているようだが、今夜はそれを理解する時間が少しある。バランスを改善できる場所は他にもいくつかあるが、全体としてはそれほど遠くないようだ。

「ルイスの走行を少しリカバーする必要はありますが、午前中のセッションでそれを行う時間はある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1オランダGP