メルセデスF1、2022年のドライバー発表が近いことをCEOが示唆
メルセデスF1は、ようやく2022年のドライバーラインナップを完成させる準備を整えている。

広範な憶測では、メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスが来年ジョージ・ラッセルにシート譲ることをまもなく確認するとされている。このプロセスには、メルセデスが今シーズン限りでにボッタスの退団を発表し、アルファロメオが2022年にボッタスとの契約を発表するとされている。

これはすべてF1イタリアGPが開催されるモンツァの週末に行われるかもしれない。そこではキミ・ライコネンが今シーズン限りで引退を発表し、ジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンのチームメイトとなることが確認され、バルテリ・ボッタスのアルファロメオ加入も発表されると考えられている。

メルセデスF1チームのボスを務めるトト・ヴォルフは、F1ベルギーGPの週末にジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスについての決定が下されたと語った。

メルセデスF1とともにスパ・フランコルシャンを訪れたダイムラーのCEOを務めるオラ・ケレニウスは「適切な時期に発表されるだろう」と付け加えた。

バルテリ・ボッタス、モナコの自宅を背景にペンと紙の写真をinstagramのストーリーに公開し、新しい契約締結について公然とほのめかしている。

また、メルセデスF1のカラーリングが施されたメルセデスのロードカーの写真も公開。これは、過去5年間にわたってハミルトンのチームメートを務めてきたボッタスへの感謝の印としてメルセデスからプレゼントされたものではないかと推測されている。

「もし彼らがラッセルをメルセデスに連れてこなかったら、それは完全な管理ミスになるだろう」と元F1ドライバーのラルフ・シューマッハはF1ベルギーGPの後に Sky Deutschland に語った。

「それはチームだけでなく、将来のためにも間違いだろう」

「ルイス・ハミルトンは彼の年齢のためにそれほど長くレースをすることはないので、トト・ヴォルフは将来について考える責任がある。そして、私はすでに決定がなされていると思う」とラルフ・シューマッハは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス / ジョージ・ラッセル