メルセデスF1、バルテリ・ボッタスの放出決定を示唆
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトに関する決定が“すでに行われている”ことをほのめかした。

トト・ヴォルフは、2022年にバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用することになった場合、ボッタスが別のシートを見つける手助けをすることをすでに語っている。

「我々がどのような決断を下すのか見てみよう。もしくはすでに決定は行われたがまだ言えないのかをね」とトト・ヴォルフは RTL に語った。

「残念ながら私にはニュースがないが、誰かに『こうなった』と伝えることは、私がやらなければならない最も難しい議論の1つだ。むしろやりたくはないことだ」

「それは信じられないほど難しいことだが、不快な会話をしなければならないのも私の役割だ」

しかし、トト・ヴォルフは、それらの難しい決定の1つが今や大きく迫っているかもしれないと語った。

現在、ウィリアムズのために非常に印象的なドライブをしているメルセデスジュニアの23歳のジョージ・ラッセルについて質問されたトト・ヴォルフは「彼は間違いなくワールドチャンピオンになるため必要なものを持っている」とコメント。

「しかし、彼のことは注意深く育てなければならない。それが我々がやってきたことだ」

そして、今後の発表の内容に関係なく、トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの両方の世話をするだろうと語る。

「彼らの両方に未来があることが重要だ。そして、我々は彼らと代替案が何であるかについて話し合う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス