メルセデスF1、ルイス・ハミルトンとの2023年までの2年契約を発表
メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンと2023年末までの新たな2年契約を結んだことを発表した。

昨年、メルセデスF1とルイス・ハミルトンの契約は年をまたぎ、今年2月に1年間だけの契約が締結された。その6か月後、7回のF1ワールドチャンピオンであるハミルトンは、少なくとも2023年までメルセデスF1でキャリアを続ける契約に合意した。

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、契約の物語が再び長引くのを避けたいと考えており、はるかに早く話し合いを開始し、数週間で契約をまとめてF1オーストリアGPの土曜日の朝に発表するに至った。

この契約により、ルイス・ハミルトンはほぼ39歳までメルセデスF1に残留し、チームと11年間F1を戦うことになる。

「この素晴らしいチームと協力して9年近く経ったとは信じがたいことだ。さらに2年間、パートナーシップを継続できることを嬉しく思う」とルイス・ハミルトンは語った。

「僕たちは一緒に多くのことを成し遂げてきたけど、コース上でもコース外でも、まだ達成すべきことはたくさんある。メルセデスが僕たちのスポーツの多様性と平等を改善するための僕の意欲をどのようにサポートしてくれたかについて信じられないほど誇りに思っているし、感謝している。彼らは説明責任を果たし、より多様なチームと包括的な環境を構築する上で重要な進歩を遂げた」

「メルセデスのすべての献身的で才能のある個人に感謝している。彼らの努力がすべてを可能にし、取締役会は僕を信頼し続けてくれた。僕たちはチャレンジングでエキサイティングなマシンの新時代に突入するし、一緒に他にどのようなことを達成できるかを楽しみにしている」

トト・ヴォルフは「2022年以降、F1の新時代に突入するにあたり、ルイスほど優れたドライバーはチームにいない」とコメント。

「このスポーツでの彼の業績はそれ自体を物語っている。彼の経験、スピード、レースクラフトにより、彼は力のピークに立っている。今年は手元にある戦いを楽しんでいる。そのため、コース上の競争を邪魔されるがないようにこの契約にも早期に合意したかった」

「ルイスがまだレースのための火を持っている限り、彼が望む限り続けることができると私はいつも言ってきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン