メルセデスF1、ホンダのF1エンジン変更を阻止できた?
メルセデスF1は、ホンダのF1エンジンのパフォーマンス向上に驚いているが、実際にはルールによってそれを阻止することもできたと Auto Motor und Sport は伝えている。

2014年にV6ターボハイブリッドエンジンがF1に導入されて以来、メルセデスF1は最強エンジンとしてその機会を支配してきた。

しかし、ホンダF1にエンジンは「ホンダのジェットエンジン部門で働く日本人エンジニアによって開発された新しいターボチャージャーの助けを借りて、少なくともメルセデスと同等のパワーユニットで2021年シーズンに到着した」と Auto Motor und Sport は伝える。

メルセデスF1は、F1アゼルバイジャンGPで新品パワーユニットを投入し、ホンダF1は次のラウンドであるF1フランスGPで次のエディションを投入した。その時点から、メルセデスはホンダのF1パワーユニットに対してストレートでかなりのタイムを失っていることに気づいた。

先週末にレッドブル・リンクで開催されたF1シュタイアーマルクGPではマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで圧勝。メルセデスはターボハイブリッド時代で初めて勝利のために戦うペースがなかったことを認め、ホンダに対してストレートで0.4秒負けていると語った。

F1エンジン自体に関しては、Auto Motor und Sportは、メルセデスF1の計算は、ホンダF1パワーユニットが「13.6hp」のゲインを獲得したと弾き出したと報じている。

「パフォーマンスの向上には2つの理由が考えられる」と Auto Motor und Sport は述べた。

「ホンダのF1エンジンは、稼働時間の経過とともに馬力が大幅に低下するか、Sakuraの開発センターに、信頼性の向上によってより鋭い出力レベルを使用できるセキュリティが備わっている。おそらく両方とも本当だ」

しかし、メルセデスF1は、ホンダF1がパワーユニットを微調整する試みを阻止する機会があったとしている。

「開発が停止したにもかかわらず、エンジンメーカーは安定性に取り組み続けることができる。これは密室では起こらない」

「それぞれのメーカーは、FIAにドライブのどの部分を変更するのか、そして、その理由を詳細に伝えなければならない。他のメーカーはFIAから説明を受ける。これによってパフォーマンスが直接向上するという疑いが少しでもある場合、アプリケーションは拒否される」

「一方、バックドアを介したパフォーマンスの向上は許容される。メルセデスが計算したいと思うほど大きいという事実は今では驚きを引き起こしているが、フェラーリ、ルノー、メルセデスは事前に拒否権を行使できたはずだ。」

Auto Motor und Sportの最新の統計によると、フェラーリのF1エンジンはホンダのPUより「25〜30hp」低く、ルノーはそこからさらに「20〜25hp」不足しているという。

しかし、ルノーは2022年に向けて新しいエンジンに全力を注いでおり、フェラーリは再設計したF1エンジンは急進的なコンセプトにも取り組んでいると言われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ホンダF1